NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/1/12


江戸漆器 Edosikki Edo Lacquerware

Jp En

 江戸漆器は、シンプルで堅牢、実用的な工芸品である。
 1590年、江戸城に入城した徳川家康が京都の漆工を招いたのが始まりとされ、五代将軍綱吉の時代に塗りの技術が進歩し、完成され、八代将軍吉宗の頃以降は、庶民の間に日常漆器として普及していった。
 うなぎ重箱、そば道具など業務用食器の生産が特色で、実用品としての高い機能性が人々を引き付けた。
 今日、江戸漆器は、江戸時代以降の技術と伝統を受け継いできた職人達によって、茶道具・座卓をはじめ多様な製品が生産されている。
 海外では陶磁器のことを「チャイナ」と呼び、漆や漆器は「ジャパン」と呼ばれていたという。江戸漆器は、日本の庶民文化を代表する工芸品と言えよう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter