NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/12

サキシマスオウノキ Sakisimasuounoki Sakishimasuo-no-ki

Jp En


 サキシマスオウノキは、板状の根っこが特徴の木である。沖縄県竹富町南風見には、日本一大きなものが存在する。
 アオギリ科の巨大なマングローブで、板根(ばんこん)に特徴がある。国内では奄美大島、沖縄、石垣島、西表島などにみられる。
 板根は、軟弱地盤に巨木を支えるため発達した根っこであるが、地下部の深さは20cmぐらいしかない。昔はその根を切り取って、船の舵として使っていた。
 漢字で書くと「先島蘇芳の木」となる。先島は沖縄県の沖縄本島より南の島々を表す総称であり、蘇芳は「マメ科の落葉小高木」の意味である。
 竹富町のものは、樹高18m、胸高周囲2.9mで、大小15枚の板根が流線型をなしている。
 サキシマスオウノキは、圧倒的存在感を持つ印象的な木である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
904-1433 沖縄県八重山郡竹富町南風見




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter