NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/21

伊美別宮社 流鏑馬 Imibetsu-guusha Yabusame 

Jp


 伊美別宮社流鏑馬(いみべつぐうしゃやぶさめ)は、大分県国東市国見町の伊美別宮社にて行われる神事である。県選択無形民族文化財となっている。
 伊美別宮社は、平安時代の末期、岩清水八幡社の分霊を奉った事に始まる歴史ある神社である。
 伊美別宮社にて毎年10月15日に行われる流鏑馬は、江戸時代初期から途絶えることなく続く秋季大祭となっている。
 流鏑馬は、馬を走らせ、楼門前約100mの馬場にある3ヵ所の的を、馬上より射る事によって五穀豊穣と無事息災を祈るという行事である。
 この矢を持ち帰ると、無病息災・家内安全になると言われており、参拝者達が的に当たった矢を奪い合うのも行事の一部である。
 伊美別宮社流鏑馬は、勇ましくも厳かな、伝統的神事である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
872-1401大分県国東市国見町伊美
名前
伊美別宮社 流鏑馬
電話
0978-82-0435




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter