NIPPON Kichi - 日本吉

2007/10/9

遠野和紙 Toono-washi Tono Washi Paper

Jp En


 遠野和紙(とおのわし)は、福島県いわき市遠野町に伝わる伝統工芸品である。
 永禄年間(1558~1569)、棚倉藩の奨励により江戸武家記録用紙として重宝されたのが起源とされる。
 鮫川、入遠野川の清らかな水の流れを利用し、古くから和紙作りが盛んに行われ、かつては江戸の市場にも「岩城和紙」としてその名が宣伝された。
 あたりが柔らかく、丈夫で、時を経るごとに白く変化していくのが特徴とされる。
 コウゾとミツマタだけを使い、煮沸~打解~すきあげ~紙干しという行程を経る伝統的な製法が、独特の風合いを持つ美しく丈夫な和紙を作り上げる。
 全行程には80~90時間を要するという、全国でも数少ない、貴重な手漉き和紙である。
 遠野和紙は、優雅な光沢をもつ伝統の和紙である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
972-0251 福島県いわき市遠野町
名前
遠野和紙




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter