NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/12

浄土寺 多宝塔 Jodo-ji tahou-tou Tahoto Pagoda at Jodoji Temple

Jp En


 鎌倉時代末期,嘉暦三(1328)年建立。大日如来及び脇侍(尾道市重要文化財)を安置し内部には彩色が施され、壁面には真言宗の名僧を描いた真言八祖像がある。
 多宝塔としては規模が大きい上に全体の釣合いがよく、高野山金剛三昧院や石山寺の多塔宝と並ぶすぐれた塔である。とくに亀腹が大きく下重の木鼻や蛙股、上重の絵様化した手先肘木や尾垂木など、細部意匠にも特色がある。
 牡丹・唐草に蝶の透かし彫りをした蟇股(かえるまた)など、華麗な装飾に富みその整った容姿および手法により鎌倉時代末期の代表的な建築とされる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
722-0043 広島県尾道市東久保町20-28
名前
浄土寺 多宝塔




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter