NIPPON Kichi - 日本吉

記事数10件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/3/11


東大寺 二月堂 Toudaiji Nigatsudou Todai-ji Temple Nigatsu-do

Jp En

 東大寺二月堂(とうだいじにがつどう)は、奈良県奈良市の東大寺境内にあり、同寺法華堂のすぐ北に位置するお堂である。
 その歴史的価値の高さから平成一七(2005)年には国宝に指定されている。
 正式には、東大寺「観音堂」と称し、毎年の旧暦二月に修二会(しゅにえ)という法要が行われることから二月堂の名がついた。
 建立は天平勝宝四(752)年で、修二会も同じ年から始まって、以来、一度も途絶えることなく続けられている。
 寛文七(1667)年に修二会の一行事である「お松明」の火により焼失するも二年後に再建され、現在に至っている。
 本尊は大観音(おおがんのん)と小観音(こがんのん)の二体の十一面観音像で、どちらも何人も見ることを許されない絶対秘仏となっている。
 お堂が放つ、そのどっしりとした落ち着きある佇まいは、同時に千二百有余年の歴史の重みも、見るものに感じさせてくれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/3/10


東大寺 お水取り Toudaiji Omizutori Todai-ji Temple Omizutoi Ceremony

Jp En

 東大寺お水取り(とうだいじおみずとり)は、東大寺境内にある二月堂で、毎年の三月一日から始まる「修二会」(しゅにえ)で行われる儀式の一つであり、修二会そのものを表す別称でもある。
 修二会は、その正式名称を十一面悔過法(じゅういちめんけかほう)といい、二月堂の本尊である十一面観音に東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔し、「天下泰平」や「五穀豊穣」などを祈願する法要である。
 天平勝宝四(752)年二月に実忠和尚によって始められたといわれ、これは東大寺の大仏開眼(同年四月)よりも先で、以来千二百年有余年、一度も途絶えることなく続けられている。
 お水取りは三月一二日深夜に若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式で、この他にも二月堂の舞台で火のついた松明を振り回す「お松明」も有名な行事である。
 奈良の人々にとっては春を告げる儀式でもあり、お水取りが終わると、ようやく桜の花咲く春が本格的にやってくる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/2/7


正倉院 Shousouin 

Jp

 天平勝宝八(756)年六月二一日、光明皇后が聖武天皇の七七忌に、遺品を大仏に献納したのが正倉院(しょうそういん)宝物の始まりといわれている。
 「正倉」とは寺の倉庫の意味で、かつてはどこの寺にも存在していたものだが、現在では東大寺のものだけが残り、固有名詞となっている。もともとは東大寺の倉庫であったが、現在は東大寺を離れ、宮内庁の管轄となっている。
 この建物は奈良時代につくられ、三角の木材を組み合わせた「校倉造り(あぜくらづくり)」の内部は三倉に分かれており、「三ツ倉」とも呼ばれている。また高床式になっており、聖武天皇の遺愛品や東大寺の年中行事で使用される仏具、そして遣唐使や留学生が持ち帰った工芸品などが納められている。
 正倉院宝物は通常は見ることができないが、毎年一〇月下旬から一一月にかけて曝涼(ばくりょう)と呼ばれる虫干が行なわれ、この時に一部の宝物が奈良国立博物館で「正倉院展」として公開される。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/12/10


御殿稲荷 Goten-inari 

Jp

 御殿稲荷(ごてんいなり)は静岡県熱海市中央町にある稲荷神社である。
 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康も湯治をしたというこの熱海に、湯治御殿を造らせた。その際に御殿の鬼門除けのために京都伏見稲荷神社より分祀して建てたのがこの「御殿稲荷」である。しかし多忙のためか、実際には家光は湯治御殿をつくったものの、一度も湯治には訪れなかったという。その代わり、熱海大湯の湯は頻繁に江戸城本丸、西の丸に届けられるようになった。こうして熱海の湯は、将軍家ご用達になっていく。
 この稲荷神社の近くには、天平勝宝元(749)年、少彦名命(すくなひこなのかみ)の神託により建てられた湯前神社(ゆぜんじんじゃ)があり、毎年二月一〇日と一〇月一〇日に「献湯祭」が行われている。この祭りは、江戸時代、毎年数回行われた将軍家へ温泉の湯を献上する「湯汲み道中」の故事に因んで始まった祭りである。
 御殿稲荷は春には桜花も美しい、徳川家光ゆかりの社である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/11/1


静岡 霊山寺 Sizuoka Reizan-ji Shizuoka Reizanji Temple

Jp En

 霊山寺は、静岡県静岡市清水区にある古儀真言宗の寺である。本尊は千手観音立像とされる。
 天平勝宝元(749)年、行基により開山されたと伝わる。
 山腹に建つ仁王門と寺は東側の山中にあり、正慶年間(1332〜34)に、現在地に移転した。
 三十三曲と呼ばれる山道の先にある仁王門は、室町末期の建立とされ、県内でも最古の建築であり、国の重要文化財となっている。
 駿河七観音の一寺として古くから信仰され、本堂には行基の自作という千手観音が納められている。
 桜の咲く時期は、参道に咲く桜がとても美しく、大内から霊山寺を経て一本松公園まで登れるハイキングコースもある。
 霊山寺は、地元では「大内の観音さん」と呼ばれ、今も親しまれている寺院である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/19


秋目浦 Akime-ura 

Jp

 秋目浦(あきめうら)は、鹿児島県南さつま市坊津町秋目にある景勝地である。
 正面岬と呼ばれる岩山が北方より海上に突き出しており、その付け根に向かって南よりえぐり込む様に湾を形成する、こぢんまりとした入江である。
 天平勝宝五(753)年、唐の高僧・鑑真和上が、盲人となりながらも6度目の挑戦でやっと日国への上陸を果たした地として知られる。
 近隣の秋目浦を見下ろす斜面には、鑑真記念館と上陸記念碑が建っている。
 鑑真記念館では、当時の様子を伝える「東征伝絵巻」の代表的場面の電照パネルや、秋目上陸を再現したスライドやジオラマ模型、中国で作製された鑑真大和上座像の複製などが展示されている。
 秋目浦は、箱庭のような美しい景観を誇るリアス式海岸である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/19


油山寺 Yusan-ji Yusanji Temple

Jp En

 油山寺は、静岡県袋井市村松にある真言宗智山派の寺である。本尊は、薬師如来とされる。
 大宝元(701)年、行基が万民和楽、無病息災を祈念し本尊薬師如来を奉安、創建し、石油が湧出した所から「油山寺」の名が付いたという。
 天平勝宝元(749)年、孝謙天皇が眼病にかかり、油山寺にて眼病平癒の祈願をし、寺内の「るりの滝」の水で眼を洗浄した所、眼病が全快し、以降油山寺を勅願寺に定めたとされる。
 以来、特に目の守護、眼病平癒の寺として信仰を集めている。また、一山の守護神軍善坊大権現は、足腰の神として古来より東海道を往来する旅人の信仰を集めている。
 また、山門や朱塗りの三重塔、本堂内の薬師如来厨子など、多くの重要文化財を抱える。
 油山寺は、今でも目と足腰の神として人々に崇められている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/7


手向山八幡宮 Tamukeyama-hachiman-guu Tamukeyama Hachiman-guu Shrine

Jp En

手向山(たむけやま)八幡宮は、奈良市雑司町に所在する寺社。奈良時代の天平勝宝元年(749)年に、聖武天皇が九州の宇佐八幡宮より東大寺守護の神として第一番目に勧請された八幡古社である。
 その後、北条時頼が鎌倉時代の建長二(1250)年に現在地に移したという。本殿は兵火に遭い消失したが、その後江戸時代の元禄四(1691)年に再建された。校倉造りの宝庫は、東大寺から移築された天平建築である。国の重要文化財にも指定されている。そのほか社宝に、唐鞍(からくら)(国宝)、舞楽面(重要文化財)などがある。
 古来より紅葉が美しく、学問の神様、菅原道真も百人一首に歌を残している。「此の度は幣も取りあへず手向山紅葉の錦神のまにまに」。
 手向山八幡宮では、毎年1月5日に転害会(てがいえ)、2月節分の御田植祭(おたうえさい)などの神事を行っている。 
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数10件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter