NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/11/13


満月 Mangetsu Full Moon

Jp En

 満月(まんげつ)とは、欠ける事なく円に見える月の事で、月と太陽の黄経差が180度となる事、あるいは月齢約14.8、十五夜とも呼ばれる。
 月の満ち欠けは「朔望」とも言われ、太陽との位置関係で決まる。
 太陽と同じ方向にある場合を新月あるいは朔、反対方向にある場合を満月あるいは望と言い、その間に上弦・下弦の半月が存在する。
 満月の時、月と太陽は地球を間において反対側にある。これが正反対になるとき、月食が起こる。
 太陰太陽暦では一五日前後がかならず満月になり、このため中国暦では一五日を望日と呼ぶとされているが、実際には太陰太陽暦には誤差があり、一五日だからといって満月とは限らない。
 満月はよく鑑賞の対象となるが、特に旧暦八月一五日は中秋の名月といわれ、月見の行事が行われる。
 満月は最も明るい夜であり、昔から不思議な力が信じられてきた、美しさと神秘の象徴でもある。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/11


三日月 Mikazuki Mikazuki (The Crescent Moon)

Jp En

 三日の月と書いて、三日月。辞書を引いてみると、「陰暦で3日の夜にでる細い弓形の月」などと書かれている。
 暦に使われる月、1月、2月などは、大陰暦では「月のかたち」つまり、運行を意識したものである。「何日」は月のかたちが決まっているので一致する。
 そんな、歴史から三日月もその暦のひとつとして利用されてきたわけだが、三日月という名前もさることながら、三日月の形をモチーフしたものも多く見られる。映画のタイトルやポスター、起業のロゴ、芝居でのトレードマークなどさまざま。
 満月ではただの丸になってしまう、半月ではどうもデザイン性にかける、なので三日月ならということだろか。
 地球に一番近い惑星である「月」
を見て「手に届きそうだから一度ふらっと行ってみたい」と月に思いを馳せる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter