NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2008/8/21


真壁 石燈籠 Makabe Ishidourou 

Jp

 真壁の石燈籠(まかべのいしどうろう)は、茨城県桜川市真壁町に伝わる伝統工芸品である。
 元々この地方は、質の良い花崗岩(かこうがん)が採れることから、古くから石を生活用具として加工、利用してきた。
 室町時代末期に真壁町長岡地域一帯で始められた仏石作りが、現在の石燈籠造りの起源となったと言われている。
 江戸時代中期の宝永年間(1704~1710)前後から、常夜燈として石燈籠が地域の寺社に奉納された。
 高白度の色調を持つ真壁石燈籠は、堅牢さに加えて繊細優雅な彫刻に優れ、重量感に溢れている。
 苔がつく事により一段とその持ち味が生かされ、日本庭園等に一層の優雅さと趣を醸し出す。
 真壁の石燈籠は、優美な表情を見せる、伝統の石燈籠である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter