NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/1/10


主計町茶屋街 Kazuemachi-chayagai Kazue-machi Teahouse Streets

Jp En

 金沢三茶屋街とは、ひがし茶屋街、にし茶屋街、そして主計茶屋街のことである。ひがし、にし、それぞれの茶屋街は、文政三(1820)年、加賀藩によって作られたが、主計茶屋街は、明治二(1869)年に開かれた。
 浅野川大橋から中の橋までの、浅野川の南西に位置する。なお、浅野川大橋の東北にあるのが、ひがし茶屋街、南にあるのが、にし茶屋街である。
 金沢三茶屋街の中で、最も規模が大きく格式高いのは、ひがし茶屋であるが、主計茶屋は、浅野川と茶屋の街並みが調和し、まさに小京都との評価が高い。バーや割烹が看板や暖簾をひっそりと出し、地元の人でも、知る人ぞ知るといった通好みの場所になっている。
 特に春の夜は、川沿いの桜の花が川面に映り、何ともいえない情景となる。四季折々の表情が豊かなのも、主計茶屋街の特徴であろう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter