NIPPON Kichi - 日本吉

記事数12件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/11/28


新海三社神社 三重塔 Shinkai-sansha-jinja Sanjuu-no-tou 

Jp

 長野県佐久市にある新海三社神社(しんかいさんしゃじんじゃ)は、古くより佐久三庄三十六郷の総社であり、武神として源氏の崇敬厚く、武田信玄ゆかりの神社としても知られている。永禄八(1565)年の上州箕輪城攻略の際に、信玄が奉納した戦勝祈願の願文が残されている。
 この神社の広大な境内にある三重塔は、新海三社神社の神宮寺の塔として、永正一二(1515)年に建立されたと伝えられ、国の重要文化財に指定されている。
 塔の一番下の屋根を支える垂木は、扇状に木を張った禅宗様、二段目、三段目の屋根の垂木はまっすぐに木を張った和様の建築様式が用いられており、初重と二、三重の垂木の方向が違っている。禅宗様、和様と両方の建築様式が取り入られ、近世の様式の折衷化の兆しが伺える
 明治維新の廃仏毀釈の際に、それまで神社にあった多くの仏教施設は破却の難にあったが、幸いにもこの塔は、神社の宝庫としてその難をまぬがれ、今も美しい姿を残している。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




真禅院 三重塔 Shinzen-in Sanjuu-no-tou 

Jp

 岐阜県垂井町の朝倉山の麓に数百メートル離れて建つ真禅院(しんぜんいん)と南宮大社(旧称南宮神社)は、とても深い関係にある。
 真禅院の前身は天平一一(739)年、行基により創建された宮処寺(ぐうしょじ)といわれ、その後、最澄により南宮神社と神仏習合され、大神宮寺と改称した。ところが明治時代に入ると、今度は神仏分離によって三重塔、本地堂などが神社西方の現在地に移され、真禅院と称せられるようになった。複雑な歴史を物語るように、真禅院入り口の石柱には「朝倉山南宮寺」と刻まれている。
 南宮神社境内の南方に建っていた三重塔は、地元住民の力を借りて、明治四(1871)年までに現在地への移築が完了した。寛永一九(1642)年の建立で、高さ25・38m、鴨居の上に取り付ける横木の長押(なげし)などに、極彩色の文様が施されているのが特徴である。内部には本尊の大日如来を安置する。国指定重要文化財。塔の前方は開け、遮る建物などがないため、遠くから眺めても全体がよく見える。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/9


八王子 白山神社 Hachiouji Hakusan-jinja Hakusan Shrine in Hachioji

Jp En

 八王子の白山神社(はちおうじのはくさんじんじゃ)は、東京都八王子市中山にある神社である。祭神は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)。
 創建年代は明らかではないが、平安時代に比叡山、西塔の僧武蔵坊弁慶の血縁であった弁智が法華経を奉納した、関東七社の一社であると伝えられている。
 天正一八(1590)年、豊臣秀吉と北条氏政・氏直が戦った小田原合戦で焼失したが、慶弔一八(1613)年、再建された。
 境内には、仏教の経典を埋めた経塚があり、出土した仁平四(1154)年の如法経奥書には、かつて神社に隣接した神宮寺である長隆寺があったと記されている。
 また、樹齢1000年以上の高野まきの老木があり、都の記念物に指定されている。
 八王子の白山神社は、長い歴史を誇る古社である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/1


足助八幡宮 Asuke-hachiman-guu Asuke Hachimangu Shrine

Jp En

 足助八幡宮(あすけはちまんぐう)の創建は白鳳三(673)年とされる。明治元(1868)年の神仏分離で神宮寺が取り除かれ、その名残として鐘楼が残されている。
 本殿は室町時代の様式を残す三間社流れ造、檜皮葺(ひわだぶき)の優美な建物で、昭和二五(1950)年に国指定特別重要文化財に指定されている。
 奉納されている扁額「鉄砲的打図板額(てっぽうのまとうちずはんがく)」は 慶長一七(1612)年に、現在の足助町内にあたる三河国岩神村の沢田四郎右衛門尉の作である。鉄砲を描いた扁額は全国でも他に三枚しか現存しない。
 また、推定樹齢五百年の境内のスギは豊田市の天然記念物に指定されている。
 毎年一〇月第二日曜には豪華な山車四台が引かれる足助まつりが、一月には無病息災を祈願して七草粥の炊き出し行事が行われる。
 人々の足を助ける神として、現在では交通安全、病気平癒、安産の神として広く信仰されている。
 
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/13


土呂八幡宮 Toro-hachiman-guu Toro Hachimangu Shrine

Jp En

 土呂八幡宮(とろはちまんぐう)は、愛知県岡崎市福岡町南御坊山にある神社である。祭神は、応神天皇、ほか四柱。
 奈良末期~平安初期に京都から下ってきた神官によって創建され、末社、随身門、神宮寺を伴っていたと言われる。
 しかし永禄七(1563)年頃の三河一向一揆の際に焼失し、記録などが失われた。
 その後、徳川家康の命で石川数正によって再建され、焼失した本殿・拝殿は元和五(1619)年、代官・畔柳寿学(くろやなぎじゅがく)が、伊勢の大工・河北次郎兵衛定守に命じて再建されたと言われている。
 社殿は、三間社流造、桧皮葺で古風な形式を残しており、国の重要文化財に指定されている。
 土呂八幡宮は、戦乱の世から崇敬され続ける歴史ある古社である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/20


猿賀神社 Saruka-jinja 

Jp

 猿賀神社(さるかじんじゃ)は、青森県平川市猿賀にある神社である。祭神は、上毛野君田道命。
 猿賀の語源は、アイヌ語で変化神を意味する「サラクカムイ」に由来するといわれている。
 仁徳天皇五五(367)年、蝦夷討伐の将である田道が敗死し、後に蝦夷が墓を暴くと遺体が大蛇と化したので、人々は恐れて猿賀野に祀ったと伝わる。
 大同二(807)年、蝦夷征伐のため北上した坂上田村麻呂が勝利を祝い、田道を祀る祠と社殿を造り「神蛇宮」として建立したのが神社のはじまりとされている。
 江戸時代には藩主・津軽為信により祈願所と定められ、繁盛した。
 現在、神社の参道にはかつての別当寺である神宮寺があり、境内には本殿の他、胸肩神社、日吉神社、池上神社等が配されている。
 秋の例大祭では、勇壮な民俗芸能の獅子踊りが奉納される。
 猿賀神社は、農漁業、交通守護神、眼の守護神として信仰を集める古社である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/27


長岳寺 Chougaku-ji Chogakuji Temple

Jp En

 長岳寺は奈良県桜井市に位置する高野山真言宗の寺院である。山号は釜口山(かまのくちさん)、関西花の寺第十九番。
 淳和天皇の勅願により、天長元(824)年に空海により開基、大和神社の神宮寺として建立された。
 戦国時代、戦火により被害を受けるが、慶長七(1602)年に徳川家康の庇護を受け、再興したとされる。
 本尊は阿弥陀三尊、目に水晶を使う玉眼の技法を用いた仏像では日本最古のもの。
 境内の鐘楼門は平安時代のもので、創建当時の唯一の建物である。
 寺院所蔵の絵画に狩野山楽による極楽地獄図があり、九幅、縦3・5メートル、横11メートルの大絵図は古来より人々に仏の世を説いてきた。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




平等寺 Byoudou-ji 

Jp

 三輪山平等寺は奈良県桜井市、三輪山の麓に位置する曹洞宗の寺院。大神神社の神宮寺でもあった。
 敏達天皇十(581)年に聖徳太子により「大三輪寺」として開山されたと伝えられる。平安時代、弘法大師により遍照院と変名、鎌倉時代中期に慶円上人により現在の平等寺に改められ、大いに繁栄した。明治期に廃仏毀釈のために衰退するが、近年復興を果たしている。
 慶長五(1600)年には、関が原で敗れた薩摩藩主、島津義弘が祈祷寺の縁を頼り、一時滞在をしている。
 本尊の十一面観世音菩薩は聖徳太子が祈願満了と平和を祈願して刻んだものとされる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数12件: 1~8 件表示     >>     >|  
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter