NIPPON Kichi - 日本吉

記事数6件: 1~6 件表示          

2007/7/27


中将実方朝臣の墓 Chuujou-sanekata-ason-no-haka The Grave of Fujiwara no Sanekata Ason

Jp En

 中将実方朝臣の墓(ちゅうじょうさねかたあそんのはか)は、宮城県名取市愛島塩手にある、藤原実方の墳墓である。
 藤原実方は、藤原一門のなかでも由緒ある家柄の生まれで、美貌と風流を兼ね備えた貴公子として知られ、源氏物語の光源氏のモデルともいわれている。また、中古三十六歌仙の一人とされる。
 長徳元(995)年、天皇の面前で三蹟の一人である藤原行成に乱暴を働いた。それが元で佐近衛忠将から陸奥守に左遷され、「歌枕見て参れ」との勅命で各地の名所旧跡を訪ね歩く事となった。
 長徳四(998)年、訪ね歩く途上、名取郡笠島道祖神の前で落馬し、亡くなったと伝えられる。
 後に西行・松尾芭蕉がこの地を尋ね、共に歌を詠んでおり、近くにはその歌碑も建っている。
 中将実方朝臣の墓は、平安の昔が偲ばれる、竹林の中に静かに建つ小さな墓である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/13


百人一首 Hyakunin-issyu 'Hyakunin-isshu'

Jp En

 鎌倉時代の歌人・藤原定家が百人の歌人の優れた和歌を年代順に一首ずつ、百首選んだもので、古今集や新古今集などから選ばれている。宇都宮蓮生の京都嵯峨野の別荘・小倉山荘の襖色紙に載せる依頼を受けたのがきっかけとされ、当初は「小倉山荘色紙和歌」や「嵯峨山荘色紙和歌」と言われていた。通称「小倉百人一首」と呼ばれる。
 これにならって、百人の歌人の和歌を一首ずつ集めて作られる私撰集も数多くあり、「後撰百人一首」、「源氏百人一首」、「女房百人一首」などがある。
 さらに小倉百人一首をもとにして作られたた歌歌留多(うたかるた)もあり、その歌留多を用いて行われる遊びは、江戸時代中期頃から盛んになり現代に至る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/30


城ヶ島 Jougashima Jogashima Island

Jp En

 城ヶ島は、神奈川県三浦市三崎町にある小さな島である。
 三浦半島最南端に位置する城ヶ島は、約1000万年前の地層で成り立つ島で、東西約1.8km。東西方向に細長い形をしており、周囲4km、面積0.99平方km。神奈川県最大の自然島で、南岸は太平洋に面し、北岸は三崎漁港に対面する。
 多くの地殻変動によって曲がったり先鋭化したりずれたりと、まるで自然の地層展示館のようである。島のいたるところに、むき出しの芸術的な岩が点在する。
 観光地として白秋詩碑、城ヶ島公園(公園50選)、公園のスイセンの花(花の名所100選)、ウミウ展望台、馬の背の洞門、城ヶ島灯台、油壼湾(景勝50選)、安房崎灯台、京急油壼マリンパークと、見所盛りだくさんである。
 城ヶ島は、小島だが歴史は古く、多面的な観光地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/24


近水園 Omizuen Omizuen

Jp En

 近水園(おみずえん)は、旧足守藩主木下家の庭園。旧藩邸の背後に続く宮路山の麓に造られた、池を中心とした池泉回遊式の築庭方式を取っている。
 造営時期は定かではないが、6代藩主木下キン定の18世紀初めと推定されており、県下では岡山市の後楽園、津山市の衆楽園と並ぶ大庭園だ。
 池のほとりには、池に乗り出すように数奇屋造りの「吟風閣(ぎんぷうかく)」が建てられている。ここから見渡す庭の眺めは宇野山を借景とした眺望が開け、格別美しいという。吟風閣は、京都御所を築く際の残材で建てられたもので、当時は茅葺の切妻屋根だったが現在は銅板葺きになっている。
 ほかに、この地ゆかりの歌人、木下利玄の歌碑や隠れキリシタンのマリア灯篭も見ることができる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/23


俳聖殿 Haiseiden Haisei-den

Jp En

 俳聖殿(はいせいでん)は、松尾芭蕉生誕300年を記念して1942年に建設された、三重県伊賀市の建造物である。市指定文化財。
 俳聖殿は上野公園(伊賀上野城)内にある。全体が芭蕉の旅姿を形どった八角堂で、屋根は旅笠、八角形の庇は袈裟、柱は杖、木額は芭蕉の顔を表わしている。殿内には伊賀焼等身大の芭蕉座像を安置している。
 この風変わりで壮大な殿堂は、地元出身の代議士故川崎克が私財をもって建築したものである。
 毎年10月12日の芭蕉の命日には「芭蕉祭」が挙行され、その業績を称え遺徳を偲んでいる。また、全国から応募された俳句や連句が芭蕉像に奉納され、この日だけ芭蕉像が開帳される。
 旅人と建築をひとつのものとして表現した日本でも類例のないこの建物は、建築美術の上でも傑作といわれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/18


犀川 Saigawa Sai River

Jp En

 石川県金沢市を流れる二級河川。全長は三四.二五キロメートル。
 詩人であり、作家である室生犀星は、金沢市内を流れる犀川の近くで生まれた。犀星の「犀」は、犀川の「犀」といわれている。「犀川」という詩も残している。
 市内には北を流れる浅野川、南を流れる犀川と二筋の美しい川がある。浅野川を泉鏡花が小説「由縁の女」で女川と表現したため、犀川は男川とも呼ばれる。また雅名を菊水川ともいう。
 江戸時代の初めの頃、犀川上流から市内へ引かれ、辰巳用水と呼ばれて、現在も流れている。また金沢市民の水資源としても重要な役割を果たしており、今も昔も、市民とは親しく、愛されている川である。
 犀川の流れは、金沢の街にとけ込み、街の人たちの暮らしの一部となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数6件: 1~6 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter