NIPPON Kichi - 日本吉

2006/11/27

平野屋嵯峨 Hiranoya-saga Hiranoya at Sagano

Jp En


 平野屋は、京都・嵯峨に店を構え、四季折々の鮎料理が楽しめる茶屋だ。
 創業は約300年前(享保年間)。古より火の要鎮の神として崇拝された愛宕神社へ参る多くの参詣者たちに愛されてきた。平野屋は、参詣者が鳥居をくぐって愛宕山頂の神社に向かう起点に位置していたため、多くの人がこの店に腰を降ろして愛宕山名物「志んこ」とお茶でひと息入れて頂上をめざしたのだという。平野屋は、その他にも鮎問屋を商いながら、あまご鯉などの川魚料理が参詣者の人気を博したという。
 平野屋では今でも、天然鮎、松茸、湯豆腐、ぼたん鍋や寒川魚など、古から変わらない四季折々の食材で旬の味を供している。
 愛宕神社の鳥居の下にある提灯が平野屋の目印だ。嵯峨に赴いたら、一度は訪れてみたい店である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
616-8437 京都市右京区鳥居本仙翁町16
電話
075-861-0359
HP
http://www13.ocn.ne.jp/~a0359/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter