NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/24

五山送り火左大文字 Gozanokuribi-hidaridaimonji 

Jp


 五山送り火左大文字は京都府京都市で毎年行なわれる精霊を送るための行事である。
 その起源は平安時代とも室町時代ともいわれ、長きに渡り京の人々の親しまれている。8月16日の夏の夜、京都市内では「五山の送り火」が行なわれ、各山々で松明が焚かれ、文字や絵柄が炎で浮かび上がる。
 「大」という字が最も有名で、東山の如意ヶ嶽、金閣寺大北山で作られる。その他松ヶ崎西山では「妙法」の字、西賀茂船山で船の形をした「船形」嵯峨曼茶羅山の「鳥居」の形がある。
 金閣寺大北山の「大」は「左大文字」と呼ばれる。当日の午後7時頃「法音寺」の親火台で護摩木が焚かれる。その火を持って点火役が「大」の字になるように各点火台に向かい山を走っていき、一斉に点火される。家内安全、無病息災、交通安全を祈願して、護摩木が激しく燃え上がり夜空を焦がすように「大」の字が静かに浮かびあがる。京都の夏の終わりを告げるにふさわしい行事である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
京都府
名前
京都市観光協会
電話
075-752-0227
HP
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/daimonji.html




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter