NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/9

天橋立文殊堂出船祭 Amanohashidate-monjyudou-defune-matsuri 

Jp


 天橋立文殊堂出船祭は、京都府宮津市にある日本三景の一つ、天橋立を舞台として毎年七月二四日に繰り広げられる幻想的な祭りである。
 文殊菩薩を本尊とする智恩寺による海上安全を祈願とした祭りであり、文殊菩薩が天橋立にある文殊堂にお入りになったことを祝い、人々が船を出して歓迎したことが起源とされている。
 その時、海上を松明で照らしたことに則って、祭りでは天橋立全体が300本を数える松明によって赤々と照らし出される幻想的な世界が現われる。
 また、天橋立に特設された舞台では巫女連による巫女舞や、丹後の海を荒らした悪龍を文殊菩薩が1000年の長きに渡って諭し続けた結果、ついに善龍に変えたという故事を再現した「龍舞い」が行われ、祭りをよりいっそう不思議な世界へといざなっていく。
 そして、最後に花火大会が行われ、夜空を駆け巡る龍のごとき華やかな光が夜を美しく染め上げ、火と水の祭典は幕を閉じる。
 夏の風物詩の余韻は、菩薩様の諭しのように心地よい。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
626-0001 京都府宮津市文珠
名前
天橋立文珠繁栄会
電話
0772-22-8030




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter