NIPPON Kichi - 日本吉

2007/2/26

五色沼 Gosiki-numa Goshiki-numa

Jp En


 1888年に、磐梯山は大噴火を起こし周辺に大きな被害をもたらした。噴火は山の北斜面を大きく吹き飛ばし、土石流が川を堰き止め、磐梯三湖(桧原湖、小野川湖、秋元湖)や名の無い小さな沼等の湖沼群を形成した。裏磐梯高原はこの噴火で出来た大小約300の湖沼群が点在する標高約800メートルの美しい高原。
 磐梯山の北側山麓の湖沼群のうち桧原湖、小野川湖、秋元湖に挟まれて点在する毘沙門沼、赤沼、深泥沼(みどろぬま)、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼、柳沼等、大小40余りの湖沼群を総称して「五色沼」と言う。正しくは「五色沼湖沼群」。  
 中でも五色沼自然探勝路沿いの10数ヶ所の沼を巡る約3キロのコースが裏磐梯の観光名所として人気がある。コバルトブルー、青色、銅色等の水をたたえた沼は神秘的で四季を通して美しい風景に満ち、「魔女の瞳」とも呼ばれている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
966-0501 福島県耶麻郡北塩原村桧原
名前
五色沼




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter