NIPPON Kichi - 日本吉

記事数8件: 1~8 件表示          

2008/2/19


御上神社 Mikami-jinja Mikami Shrine

Jp En

 三上山は滋賀県にある標高432メートルの美しい三角錐の姿で、近江富士の名で親しまれている。
 その山麓には、鍛冶、刀工の神である天之御影神(あめのみかげのかみ)が宿るとされ、近江の人々の生活を守護する地神となっている。
 御神神社(みかみじんじゃ)はこの天之御影神と三上山を御神体として祀っている。
 本殿は鎌倉時代に建立されている。方三間屋根入母屋造、白壁、連子窓などの仏堂的要素や、居所空間の要素など、神社・仏閣・殿舎の三様式が混合された「御上造」と呼ばれる大変珍しい建物である。
 入母屋造の神社建築のうちでは古い遺構の一つであり、昭和二七(1952)年に国宝に指定され、拝殿・楼門・摂社若宮本殿・木造狛犬も明治三二(1899)年に国指定の重要文化財となっている。
 毎年一〇月中旬には「ずいきまつり」が開催される。宮座と呼ばれる五つの組が里芋の茎で神輿を作り、柿・栗・野菜など秋の収穫物で飾り、五穀豊穣を祝って神社に奉納する。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/4


十三湖 Jusanko Lake Jusan

Jp En

 十三湖(じゅうさんこ)は、青森県五所川原市十三に広がる周囲30km、面積2060ヘクタール、水深3m前後の静かな汽水湖である。
 海水と淡水が混合した汽水湖で十三潟とも呼ばれ、青森県で3番目の大きさを誇り、シジミが多く採れる湖として知られている。
 鎌倉時代から室町時代にかけて、日本海沿岸の交易港「十三湊」のあった場所であり、津軽地方の有力豪族であった安倍氏・安藤氏の拠点として広く海外と貿易を行いながら全国屈指の港町を築き、栄えたが、近世以前に衰退した。
 その歴史を語りつぐように、今もなお十三湖周辺には山王坊日吉神社(さんのうぼうひえじんじゃ)の京風二重鳥居、十三宗寺、安藤一族の居城・福島城跡など、数多くの史跡が残されている。
 十三湖は、かつて国際港として栄えた落ち着いた風情の湖である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/8/3


長下田神楽 Nageta-kagura Nageta Kagura

Jp En

 長下田神楽(なげたかぐら)は、宮城県登米市石越町に伝わる神事である。市の重要無形民俗指定文化財となっている。
 出雲流神楽に属し、南部神楽の流れを汲む、天下泰平・五穀豊穣を祈願する神楽である。
 出雲神楽は、直面の採物舞である七座、能楽から取り入れた式三番、神話劇である神能の三段構成が特徴で、採物舞と神能とを混合した神楽が県内に広まった。
 南部神楽は岩手県北から宮城県南に伝承されており、神楽本来の式舞のほかに、地域の伝説や物語を舞と台詞で演じる「劇神楽」が特徴である。
 長下田神楽には牛若丸、三番叟、五大竜王、神降ろし舞、鳥舞など、数々の舞があり、宮城フィルハーモニーオーケストラとも共演するなど、ユニークな神楽集団を形成している。
 長下田神楽は、古の舞を今に伝える伝統芸能である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/13


宮崎漆器 Miyazaki-shikki Miyazaki Lacquer Ware

Jp En

 宮崎県で作られている漆器で、県の伝統工芸品に指定されている。
 沖縄で室町時代から始まったとされる、琉球塗りがその源流である。首里城門などにも琉球塗りの技術を見ることができる。
 太平洋戦争末期、沖縄から宮崎県に移住してきた琉球漆器の技術者達を中心に、雇用など地域に貢献する形で制作をはじめ、宮崎漆器として成り立つようになり、現在にいたる。
 宮崎県は高温多湿であり漆の乾燥に適し、下地となる漆の塗布は非常に重要な作業であり、これによって堅牢なものになる。
 さらに中塗り、上塗りと漆を塗り、色漆を塗っていく。朱塗りの色が冴えているのも、宮崎漆器の特徴の一つだ。
 装飾には堆錦という漆と顔料を混合したものを、金槌でたたき、ゴム状にしたものを、柄にあわせ切り、製品に貼り付けるいう独特の絵付け方法を行い完成となる。
 盆、茶托、菓子皿や文箱などが作られ、県の内外で愛用されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/3/6


杉葉線香 Sugiba-senkou 

Jp

 杉葉線香は島根県安来市に伝わる線香、島根県ふるさと伝統工芸品の一つである。
 香は仏教伝来と共に日本に伝わったとされ、その後香木を調合して衣類に炊き込める薫物(たきもの)が広まり、香道が形作られた。仏教、禅と関係が深く、香りが四方に広がることが仏の慈悲を表していると言われる。
 線香は江戸時代に製法が生まれたもので、香木に比べ安価なことから広く一般に広まった。
 杉葉線香も同時期に製造され、乾燥した杉の葉と椨(たぶのき)の木の葉の粉末を混合して作られる。
 硬さや粘度を見極めるには熟練の技を要し、現在も職人たちの手作業による製法が守られている。
 安価で良質な杉葉線香は野線香とも言われ、仏事や墓参の際に使われ、祖先の霊を慰めている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/15


転法輪寺 Tenpourin-ji Tenporin Temple

Jp En

 奈良県、金剛生駒連山の最高峰、金剛山の山頂に位置する真言宗醍醐派の寺院。山号は金剛山。古くは一乗山転法輪寺とも呼ばれる。
 山岳宗教の聖地であり、天台宗、真言宗双方の修験の地。
 天智天皇四(666)年、役行者が開基。法起菩薩を刻み本尊として転法輪寺を建立し、一言主神を祀るために葛木神社を創建して神仏混合の霊山となった。
 古代、葛城山、高天山と呼ばれていた山名が金剛山となったのは転法輪寺の山号からとされる。
 境内、山中には福石、金剛牛王、夫婦杉などの多くの巨石、古木が並ぶ。
 山頂には泉南方面を望む展望台があり、天気の良い日は関西空港、淡路島までの遠望を見ることが出来る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




墨坂神社 Sumisaka-jinjya Sumisaka Shrine

Jp En

 墨坂神社は奈良県宇陀市榛原区、宇陀川沿いに位置する神社である。
 元は墨坂の天の森、西峠に位置していたが、文安六(1499)年に現在の地に遷座された。
 明治時代までは天野寺が神仏混合で祀られており、六社権現、天野宮とも称された。
 祭神は墨坂大神であり、この神は天御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、伊邪那岐神、伊邪那美神、大物主神の六柱を総称したものである。
 伝承によれば崇神天皇の御世、疫病が蔓延した時、夢枕に現れた神を祀るとたちまちに平癒したとされ、これが墨坂大神と言われる。
 毎年11月には「墨坂渡御行列」が行なわれ、本社から旧社の天の森のお旅所まで神輿に赤楯、赤太刀を担いで練り歩く。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/31


浴衣 Yukata Yukata

Jp En

 和服の一種、木綿で作られた一重(ひとえ)の着物、「湯帷子(ゆかたびら)」の略。
 平安時代、蒸し風呂に入る際に熱を防ぐために使われたのが始まり。
 江戸時代に蒸し風呂が現在の湯船に変わったことから、汗を吸い取り、風を通しやすい薄手の着物として夏場に着る軽装、室内着、寝巻きとして使われた。現在も旅館の寝巻きなどに多く使われる。
 白、藍、紺地などの木綿に草花の柄が一般的だが、現在はカラフルな色や柄のものが多く、ポリエステルや混合生地も使われる。
 気軽に着られるため人気が高く、現在、最も着られている和服の一つ。夏の風物詩のひとつとして親しまれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数8件: 1~8 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter