NIPPON Kichi - 日本吉

2008/1/24

アイヌ古式舞踊 Ainu-koshikibuyou 

Jp


 北海道一円に居住している、アイヌの人々によって伝承されている芸能を「アイヌ古式舞踊(こしきぶよう)」という。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
 豊かな、そして厳しい自然の中でアイヌ民族独自の歌や舞がうまれ、祭祀の祝宴や行事の際に踊られるものである。
 「アイヌ」とはアイヌ語で「人間」という意味である。アイヌの人々は、自然から習得した知恵と工夫、また生活習慣や信仰が、親から子へと大切に伝えられてきた。
 祭祀や行事のときに、ウポポと呼ばれる歌と、リムセと呼ばれる輪踊を基本に踊られ、動物のしぐさを真似た「鶴の舞」や儀式的な「剣の舞」など多様な舞が伝承されている。これらはアイヌの主要儀式の際に踊られ、また家庭での行事の際の祝宴などで踊られいたもので、現在では道内の様々な祭りでも披露されるようになった。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
北海道
名前
アイヌ古式舞踊




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter