NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2008/7/23


数馬の太神楽 Kazuma-no-daikagura 

Jp

 数馬の太神楽(かずまのだいかぐら)はこの地方に四〇〇年以上前から伝わるという伝統芸能である。毎年九月一五日、数馬九頭竜神社(かずまくずりゅうじんじゃ)に、五穀豊穣と子孫繁栄を祈願して奉納される。
 この祭礼では、太神楽の他、兄弟が畑仕事での出来事を演じ豊作を喜ぶ、ユーモアたっぷりの「馬鹿面囃子」や「三匹獅子舞」も同時に披露される。
 太神楽は最初に披露されるもので、笛や太鼓、鐘すりに合わせて境内を清める舞である。演目によって二人で舞ったり、二人で舞っていた獅子が胴体幕を畳み込んで一人立ちで舞い出したり、と変化に富んでいる。表情豊かな獅子が見事に表現されているという。
 都の無形文化財にも指定されており、祭り当日は観光客も多く来て村は賑わいを見せるという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter