NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/10/4


沼津 日枝神社 Numazu Hie-jinja Hie Shrine in Numazu

Jp En

 沼津日枝(ぬまづひえ)神社は、静岡県の沼津市に鎮座し明治に至るまで近郷近在二二ヶ村の総鎮守であった。
 嘉保二(1095)年、比叡山の天台僧兵の強訴に対し関白・藤原師通(ふじわらのもろみち)が兵を向け僧兵に負傷者が出たため、師通は呪詛により急逝してしまう。この事件の翌年の永長元(1096)年、師通の母によって所領地で大岡庄と呼ばれていた現在の地に勧請したのが始まりとされる。
 山王信仰に基づいて京都の日吉神社より大山咋神、大己貴神、大歳神の三座を分祀して建立されたため、山王社とも称される。
 同社には国の重要文化財に指定されている「紙本着色山王霊験記(しほんちゃくしょくさんのうれいけんき)」の一巻が保存されているほか、数多くの古文書類が残されていることでも知られ、境内には同社を訪れた松尾芭蕉の句碑もある。
 毎年の九月二三日からの二日間には例大祭も催され、沼津の秋の風物詩として、「山王さん」の愛称と共に今も地域の人々に親しまれている神社である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/2


日吉大社 Hiyoshitaisha Hiyoshi Taisha Shrine

Jp En

 日吉大社(山王権現)は、滋賀県大津市坂本にある全国の日吉・日枝・山王神社の総本宮である。主祭神は大物主神、大山咋神。
 日本全国に約3800の分社・末社があり、神仏習合期には山王と称され、今日でも山王さんの愛称で親しまれている。
 千年の都・京都平安京の表鬼門を守る方除・厄除の神社として大変有名で、猿を神の使いとして崇拝することでも知られている。
 日吉大神の使いである神猿は「マサル」と呼ばれ、「魔去る」「勝る」に通じる縁起の良いものとして信仰されている。
 国宝の本殿をはじめ、大半の建造物が文化財に指定されている。
 西本宮と東本宮を中心に、40万平方mの広大な境内に生える3000本の紅葉は圧巻である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter