NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/3/13


東南院 Tounan-in Tonanin Temple

Jp En

 東南院は、金峯山寺(きんぷせんじ)の塔頭のひとつであり、修験道の寺である。本尊は、役行者神変大菩薩となっている。
 開基は役行者で、およそ1300年の歴史を持つという。開山の際に、本堂とともに本堂から巽(東南)の方角にあたるこの地に建てられたと伝わる。
 貞亨元(1684)年、松尾芭蕉が滞在した時、「野晒紀行」に詠んだ句碑が立っている。
 塔正面の鰐口には永禄7(1564)年の銘があり、院内にある多宝塔は桧皮葺きの建物で、大日如来・毘沙門天・不動明王などが祀られている。
 東南院のすぐ隣には、標高370メートルの韋駄天山があり、そこから望む東南院と多宝塔の桜景色は、えもいわれぬ素晴らしさである。
 東南院は、古い歴史と美しい景観を誇る吉野の建築物である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter