NIPPON Kichi - 日本吉

記事数1件: 1~1 件表示          

2007/3/1


総和竹絵画 Souwa-taake-kaiga 

Jp

 竹が本来持っている自然の美しさと柔らかさを生かして表現する総和竹絵画は、日本でも他に類をみない貼り絵の技法を用いた工芸品。
 良質な孟宗竹と真竹の肉部を厚さ0.2〜2.5?、幅10〜80?ほどの板状にしたものを材料として使用する。立体的に表現するためコテ等で焼きを入れ、日本古来の押絵の技法で台布に貼付け完成する。
 作品の材料となる竹の伐採、加工、乾燥等は、梅雨時にカビが生えたり、暑い時期に割れたりと材料として使い物にならなくなるため冬場に行う。
 家紋・風景・動植物・書・その他あらゆる分野のものを題材に製作されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数1件: 1~1 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter