NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/27

仙台 覚範寺 Sendai Kakuhan-ji 

Jp


 覚範寺(かくはんじ)は、宮城県仙台市青葉区北山にある臨済宗の寺であり、北山五山の一つとされている。
 天正一三(1585)年に非業の死を遂げた、伊達政宗の父輝宗の菩提寺である。
 翌、天正一四(1586)年、政宗によって米沢遠山村に創建された。政宗の師であり臨済宗の名僧として知られる虎哉和尚が、開山一世とされている。
 その後、伊達家に従って文禄元(1592)年、岩出山に、慶長五(1600)年、仙台愛宕山に移ったが焼失し、慶長六(1601)年、この地に再建された。
 政宗の正母・保春院の墓と政宗の三男・宗清、政宗正室愛姫の母堂などの供養塔が並ぶ。政宗の葬儀もここで行われている。
 また、覚範寺境内には、樹齢250年と推定されるヒヨクキバの古木が優雅に佇んでいる。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
981-0931宮城県仙台市青葉区北山一丁目12-7
名前
覚範寺
電話
022-234-0829




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter