NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/10/26


島松駅逓 Shimamatsu-ekitei Old Shimamatsu Communication Station

Jp En

 駅逓(えきてい)は、交通が不便な地に駅舎と人馬を備えて、宿泊と運送の便をはかるために設置されたもので、開拓期の北海道で重要な役割を果たした。
 島松駅逓は、明治六(1873)年札幌本道の開通に伴い設置されたもので、明治十七年からは市内の島松に入植し、寒地稲作の祖とうたわれた中山久蔵が経営にあたってきた。
 この駅逓は、クラーク博士ゆかりの場所でもある。クラーク博士が札幌農学校で教鞭を取った後に帰国の日を迎えた明治十年四月十六日、島松駅逓に見送りに来た学生たちにあの有名な言葉、「ボーイズ・ビー・アンビシャス」を残して去った地として有名だ。
 道内で現存する駅逓の中では最も古いもので、当時の様子を今に伝える貴重な遺構として国の文化財に指定されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/18


草津宿本陣 Kusatujuku-honzin Kusatsu-juku Honjin

Jp En

 東海道五十三次の、江戸から52番目の宿場。寛永十二年設置から明治三年の廃止まで二百三十五年間、大名や役人等の休泊を担った。
 東海道と中山道の分岐・合流点でもあり、かつては100軒をこえる旅籠が軒を連ねた要衝の地。現存する本陣の中で最大級の規模で、宿帳には浅野内匠頭や吉良上野介などの名も見られる。
 草津宿本陣には「大福帳」の表題をもつ長帳が、元禄五(1692)年から明治七(1874)年に至る百八十二年間にわたって、各年一冊、計百八十二冊が残されている。
 江戸時代、本陣を頂点にさまざまな宿泊施設が集まっていた宿場。草津宿も同様で、本陣二軒、脇本陣二軒、旅篭屋は七十軒余を有し賑わいをみせ、なかでも、「田中七左衛門本陣」は建物をはじめ、敷地全体で当時の面影を今に伝える。昭和二十四年、「草津宿本陣」として国の史跡に指定され、多くの人を江戸の世界に誘う。
 「平成の大修理」を終え、平成八年四月より一般公開を開始した。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数2件: 1~2 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter