NIPPON Kichi - 日本吉

記事数7件: 1~7 件表示          

2007/10/26


アシリベツの滝 Ashiribetsu-no-taki The Ashiribetsu Waterfall

Jp En

 アリシベツの滝は、「滝野すずらん丘陵公園」内にある札幌市内で最大の滝である。日本の滝100選にも選ばれている。
 アリシベツの滝の名は、「アイヌ語の「新しい川」という意味から名付けられたという。
 札幌市の南端にある空沼岳を源流とする厚別川上流域に位置し、高さ30mから白い水飛沫を上げながら流れ落ちる様は豪快そのもの。滝つぼに落ちた水は小川となり、公園内を流れる。
 夏祭りの際はライトアップされ、幻想的な景観が楽しめる。ライトアップされて光る滝と闇の中を流れていく川に、白いサビタの花が彩りを添えて、それは美しく神秘的な光景だという。また、氷結する厳冬期を含め、一年を通じて季節ごとに、美しい姿を見せてくれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/10/3


梯子滝 Hashigo-daki 

Jp

 梯子滝(はしごだき)は、北海道岩内郡岩内町にある名瀑。
 以前は岩内町市街から島牧方面へ進み、敷島内の集落を越えたところにある樺杣内覆道と鵜の岩トンネルの間のわずかな場所を流れていたが、現在はこれを迂回する新トンネルの上を流れている。
 このトンネルは、長さが4km近くあり、出口は雷電温泉手前になるため、現在は海上で船から見ることしかできない「幻の滝」である。
 高い崖から三段になって水流が流れ落ちる様は圧巻。冬には水が大きく氷結し、見事な氷瀑を見ることができる。厳しい海風が吹き付ける北海道ならではの風景である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/9


山彦の滝 Yamabiko-no-taki 

Jp

山彦(やまひこ)の滝は、北海道紋別郡にある名瀑。上武利丸瀬布線から山彦の沢沿いに15分ほど歩いたところにある。
 山彦の滝は、落差約28m。岸壁からひと筋の絹糸が流れているような姿は、女性的で美しい。この滝は、裏側に回っても見られることから別名「裏見の滝」とも呼ばれているとか。まるで水のカーテンをひいたかのような涼やかな風情が楽しめる。
 真東向きでご利益が深いことから成田不動尊が祀られ、毎年7月28日には例祭の「山彦の滝まつり」が行われる。
 1~2月の厳冬期には、滝が1本の柱となって氷結し、見事な氷柱が現れ、幻想的な景観を楽しむことができる。
 この滝から散歩道を500mほど歩いたところに「鹿鳴の滝」があり、両方併せて見に来る観光客も多いという。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/20


美笛の滝 Bifue-no-taki 

Jp

 美笛(びふえ)の滝は、北海道・支笏湖に流れ込む千歳川の支流、モンルウン美笛川にある段瀑である。
 地元でもあまり知られていなかった滝だが、近年やっと国道沿いに看板が立ったほどの、手付かずの自然の残る「秘境」である。
 支笏湖から国道276号線を大滝方向へ向かい、美笛トンネルを過ぎてさらに進むと千歳鉱山跡地が見える。ここが美笛の滝の入り口である。ここから林道を1キロほど登り、徒歩約20分で美笛の滝に着く。
 落差は約50m。階段状の岩肌に白糸のように水が流れ落ちる様は迫力があり美しい。春にはヤマザクラ、秋は紅葉、冬は雪景色。山里に訪れる四季の風情は見事である。特に冬に氷結する美笛の滝は素晴らしく、白く静止する滝、青い空、白い雪、岩肌と、静謐で幻想的な世界が眼前に広がる。
 美笛の滝は、これからも守り抜かなければならない自然を抱く、「やすらぎ」の場所である。
 
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/1


岐阜 阿弥陀ヶ滝 Gifu Amidaga-taki The Amida Waterfall

Jp En

 「阿弥陀ヶ滝(あみだたき)」は、白山中宮長滝寺の僧であった道雅法師が、この中で修行の為に護摩を焚いたところ、阿弥陀如来の姿が浮かびあがったとされることから、現在の名でと呼ばれる様になった。
 長良川にも繋がる阿弥陀ヶ滝は、落差が約60mあり、樹木の間から瀑音を響かせて落ちる様子は、東海一の名瀑と呼ばれてもおかしくない。同時に「日本の滝100選」にも選ばれていて、水の透明度も高い。
 朝陽を背にして滝の前に立つと、水煙りの中に自分の影が映り込み、ぼんやりと虹色にふちどられて見えてとても幻想的な風情を楽しめる。。また、春には新緑、秋は紅葉、夏でもひんやりとした空気が漂って清涼感に溢れ、厳冬期には滝が氷結する。四季を通じてそれぞれに趣がある、奥美濃の景勝地となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/18


八幡平 Hachiman-tai Haichimantai Plateau

Jp En

 奥羽山脈北部の山群。岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる楯状火山跡である。
 広い高原上に様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在している。最高地点の標高は1613メートル。。
 八幡平では冬になるとアオモリトドマツが氷結し、みごとな樹氷群を見ることができる。その様は樹氷モンスターとも呼ばれ、天候が良い日には、はてしなく広がる白銀のうねりを見ることができる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/17


栃木 華厳滝 Tochigi Kegonnotaki The Kegon Waterfall

Jp En

 栃木の華厳滝(けごんのたき)は、栃木県日光市中宮祠にあり、日本の三大名瀑にあげられる、日光を代表する滝である。
 日光には、四十八滝といわれるくらい滝が多いが、最も有名なのが華厳滝である。高さ97mをほぼ一気に落下する豪快さと、自然が作り出す華麗な造形美の両方をあわせ持つ。
 滝のしぶきは霧となり、日が当たると美しい虹をかける。冬季には氷結して、見事なシャンデリア状になる事も。
 発見は勝道上人と伝えられ、仏教の教えである華厳経から名付けられたといわれている。
 明治三六(1903)年、旧制一高生であった藤村操がミズナラの木に「巌頭之感」を書き残して投身自殺をして以来、自殺の名所としても有名になってしまった。
 華厳滝は、その豪快さと華麗さにおいて日本有数の名瀑である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数7件: 1~7 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter