NIPPON Kichi - 日本吉

2007/7/10

夕張鹿鳴館 (旧北炭鹿の谷倶楽部) Yuubari-rokumei-kan Kyuu-hokutan-shikanotani-kurabu 

Jp


 大正三(1913)年、北海道炭坑汽船の北海道支店が鹿の谷に移転するのに伴い、役員や政治家など来賓をもて成す施設として、岩見沢市内にあった役員住宅を移築したものが「北炭鹿の谷倶楽部(ほくたんしかのたにくらぶ)」である。
 敷地面積は約85000平方mと広大で、小高い丘の上に木造平屋約1600平方mの建物が建てられ、美しく植栽された庭には太鼓橋やゴルフ練習場などもあった。当初は中央にある本館だけで、後に東西へ第一別館と第二別館が増築、各々が渡り廊下で繋がれた。和と洋が融合した室内など、様々な箇所で贅が尽くされていた。
 昭和天皇をはじめとする皇族の夕張御行啓の際の宿泊所となっていた由緒ある施設だったが、炭坑の閉山と共に閉鎖、後に夕張市に移管された。現在、施設は修復され、1世紀前の建物を「夕張鹿鳴館」という記念館として一般に公開している。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
068-0413 北海道夕張市鹿の谷2丁目
名前
夕張鹿鳴館
電話
01235-2-0230
HP
http://yubari-resort.com/shikanotani/




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter