NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2006/11/29


お江戸の凧屋さん Oedo-no-takoyasan Edo Kite Craft Workers

Jp En

 かつては、正月を含む冬休みには子どもたちが凧揚げをする光景がよく見られた。一見、そのような真冬の風物詩は廃れたかに見える。しかし、昨今の昭和30年代回顧の風潮などにより、今また大人を対象に、凧の静かなブームが起こっているという。
 「お江戸の凧屋さん」は「江戸凧」専門に、伝統と職人技で一枚一枚丁寧に作り上げる職人集団だ。江戸凧とは、江戸時代から伝わる東京の伝統凧のこと。一般的に「江戸角凧」を指す。長方形のかたちをし、長い「うなり」を頭に乗せ、長い「糸目」を付けるのが特徴だ。図柄については、武者絵や歌舞伎絵などの凧絵のほか、江戸文字や髭文字だけの粋な字凧などもある。そのほか、粋な形の奴凧の制作も始めた。
 江戸時代から受け継がれる日本の文化。江戸凧は、今に生きる江戸の芸術品である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します