NIPPON Kichi - 日本吉

記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/9/29


里見公園 Satomi-kouen 

Jp

 里見公園は千葉県市川市の国府台(こうのだい)地区、江戸川に面した海抜20メートルの大地にある公園で、大きさは8.2ヘクタールもある。
 公園はかつて上杉氏と手を組み、この地を統治していた里見氏が敵対する北条氏と戦った合戦場として、有名な古戦場跡でもある。そのため、園内には里見諸将軍霊墓(さとみしょしょうぐんれいぼ)、羅漢の井(らかんのい)が建立されている。
 里見公園は多くの植物を楽しめる公園である。公園内には260本もの桜の木が植えられ、お花見の季節にはライトアップもされ花見の名所としても有名である、他に、梅林・モミジ林があり、西洋園では多くのバラが植えられている。
 昭和四四年には、東京の小岩から詩人の北原白秋(きたはらはくしゅう)の旧宅、紫烟草舎(しえんそうしゃ)が移設されている。
 近くには江戸時代から江戸川渡し舟であった矢切の渡しもあり、市民の憩いの場である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/24


大和郡山城 Yamato-kooriyamajo 

Jp

 大和郡山城は、奈良県大和郡山市にあった城である。
 天正八(1580)年、筒井順慶は、それまで居城としていた筒井城からこの地に移り、新たな城郭の建築を開始した。
 順慶の死後豊臣秀長が入城し、城は更に大規模なものに修築された。以後、次々と城主が入れ替わったが、享保九(1724)年、柳沢吉里が入城し、その後は明治まで柳沢家が続いた。
 明治三(1870)年、維新と共に郡山城は廃城となる。
 現在、城跡公園には梅林門、月見櫓、大手東隅櫓、多聞櫓が復元されており、本の丸天守台北面の石垣には「逆さ地蔵」をはじめ、多くの地蔵が組み込まれている。
 春にはソメイヨシノ、山桜、枝垂れ桜、八重桜など約1000本の桜が咲く名所であり、ライトアップされた夜の公園は魅力的な人気スポットとなっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/4/11


湯之宮座論梅 Yunomiya-Zaronbai Yunomiya Zaronbai Plum Garden

Jp En

 湯之宮座論梅(ゆのみやざろんばい)は、宮崎県児湯郡新富町新田湯之宮に広がる梅林である。国の天然記念物となっている。
 座論梅という名前は「ザロミ」という梅の種類から名づけられたとも、佐土原・高鍋両藩の間に梅林の所有争いが起こった時、この地で座して論議したからとも伝えられる。
 伝承によると、神武天皇東征のとき、、この地で湯を浴びて休憩した神武天皇は梅の枝を突きたてたまま発った。その後それが芽をふき元木となって成長して、今日のようになったという。
 神話とは別に、元は1株の梅が四方に枝を這わせ、その枝が幾度か地をくぐって増えたと言われており、約80株の梅林となった。
 花は白色一重の小輪で、2月の上旬から中旬にかけて開花する。春には梅祭りも行われている。
 湯之宮座論梅は、神武天皇ゆかりの神話に連なる名所である。
[+ADDRESS]