NIPPON Kichi - 日本吉

記事数7件: 1~7 件表示          

2007/5/31


紅葉川渓谷 Momiji-gawa-kyoukoku Momiji River Valley

Jp En

 山形県山形市の北東にある「面白山」にある渓谷。
 四季折々の自然を満喫できるハイキングコースとして整備され観光客で賑わう。
 特に10月下旬から11月中旬にかけて、紅葉川の名の由来となっている「紅葉」は見ごたえたっぷりである。
 コースは2キロの長さを、ゆっくりと歩いて40分ほど。渓谷に流れ落ちる「藤花の滝」「幻竜の滝」などの「滝」が、随所に見られる。また、渓谷ならではの大きな「岩」が転がり、「鯨岩」「宝船」などの名が付けられ、奇形な岩もたくさんある。
 川の所々は、幅が大きくなったり、また岩と岩の細い間を通り抜けたりと、川の表情が変化し、訪れる人達を楽しませてくれる。
 写真家たちにも非常に人気がある場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/2/6


丹沢湖 Tanzawa-ko Lake Tanzawa

Jp En

 丹沢湖は、神奈川県足柄上郡にある人造湖である。かながわ50景、関東の富士見100景、ダム湖100選に選ばれている。
 昭和五十三(1978)年、三保ダムの完成によって酒匂川上流に造られた。
 丹沢湖は自然の環境を大切にした美しい湖で、湖畔からは富士山の眺望、春の桜、秋の紅葉など四季折々の自然が楽しめる。
 また、ボート遊びやフィッシング、サイクリングなどのレジャースポットでもある。
 湖の中央に架かる永歳橋からは、晴天の日には湖面に映る逆さ富士を見る事ができる。
 橋のたもとには丹沢湖記念館、三保の家があり、湖の南東には丹沢湖ビジターセンターや丹沢森林館・薬草園もある。
 丹沢湖は、展望台、遊歩道なども整備されており、安全に自然を楽しめる場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/22


飛雪の滝 Hisetsuno-taki Hisetsu-no-taki (Waterfall of Flying Snow)

Jp En

 飛雪の滝は、三重県南牟婁郡紀宝町にある高さ30m、幅12mの大きな滝である。
 昔は鬱蒼と茂った竹林の中の谷にある滝であったことから「竹の谷の滝」と呼ばれていた。
 名前の由来は、紀州藩主徳川頼宣がこの美しい滝を見て、
 幾重なす 山を巡りて川豊か
 物は皆 装い凝らす秋の色
 滝つ瀬の 一筋掛かる岩の辺の
 風吹けば 飛沫さながら雪の舞
 と、詠んだ詩からである。
 紀宝町で一番簡単に行ける滝であるが、周りの雰囲気がすばらしいので、山奥でしか見られないような雄大な滝に感じられる。
 滝の東側には浅里神社があり、滝は神社の神域を流れている。
 その姿は幽玄の趣であり、起伏のある岩肌を流れる水は激しいしぶきとなって飛び散り、その名の通り、雪が舞っているように幻想的な雰囲気を醸し出している。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/19


紅葉 Kouyou Autumnal Leaves

Jp En

 秋になり、落葉樹を中心に葉の色が変わるが、紅に変わる葉の印象が強いためか、全般的に紅葉と呼ぶ。
 厳密には葉が黄色くなるのは黄葉、褐色に変わるのを褐葉という。
 葉を色づかせる成分は、その色にかかわらず、アントシアニンという色素が影響していることが多い。
 最低気温8℃の日が続くと紅葉が始まり、最低気温5℃以下になると、進行は早くなる。
 日照時間が長く紫外線が強い、適度な湿気、寒暖の差が激しい場所が美しい紅葉の条件と、紅葉の名所はこの条件を満たすところが多い。
 春の花見とともに、秋の紅葉狩りは、日本の国民的な行事となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/17


みどりが池 Midorigaike Midoriga Lake

Jp En

 みどりが池は、みくりが池の東側にある火口湖。雄山・別山・浄土山の立山三山に三方を囲まれ、火山活動によって出来た溶岩地帯、室堂平にある。火山活動でできた河口跡に水がたまってできたのがみどりが池である。
 水深は浅く、約1.6メートル。岸に立つと、水底の岩が見え、湖水の透明度の高さを実感できる。静かな湖面には立山連峰の姿が合わせ鏡のように映り、本物との競演が見事だ。残雪や紅葉のころは美しさがひときわ増す。
 池のほとりには遊歩道が整備されており、みくりが池や地獄谷と組合せた散策コースを楽しむ観光客が一年中絶えない。周辺にはイワイチョウやヨツバシオガマなどの湿性植物、高山植物が生い茂り、訪れる人々の目を楽しませている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




立山連峰 Tateyama-renpo The Tateyama Mountain Range

Jp En

 三千メートル級の峰々が連なる日本の屋根、立山連峰(たてやまれんぽう)。北アルプスのうち黒部川の西側に連なる山域の総称である。
 南は、岐阜県境の北ノ俣岳、黒部五郎岳を経て、三俣蓮華岳で北アルプスの主稜線につながる。
 鉄道、高原バス、トロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカーなどの交通機関によって、自然の大景観を楽しむことができ、四季を通じて観光客が絶えない。
 春は立山黒部アルペンルートが開放され、多い時は20メートルに迫る雪の壁の中を散策することができる。夏は涼しく、トレッキングや登山に最適。湖畔には立山が映し出され、大変美しい。秋は紅葉が見事だ。冬には山々が雪で真っ白に色づき、一年で最も美しい景観を堪能できる。十一月下旬には初冠雪を迎え、眩しいほどに輝く姿が圧巻だ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2006/12/22


大轟の滝 Ootodorono-taki Ootodoro Waterfall

Jp En

 大轟の滝(おおとどろのたき)は、徳島県那賀郡那賀町沢谷にある、豪壮な滝である。
 坂州木頭川の支流、沢谷川にあり、標高は450mを数える。
 3段の滝であるが、下段の滝は更に4条に分かれて落ちる。滝壺も広くて深い。滝上部の岩は白く、そこから流れ出る水の筋は優美であり大変美しい。「滝100選」に選ばれた近隣の大釜の滝に勝るとも劣らない滝である。
 高さ20メートルから豪快勇壮に流れ落ちる様は、圧巻の一言。水量も豊かで、新緑の大轟の滝は、しっとりとした感じで美しい。秋の紅葉の頃は見ごたえ抜群である。冬は水の色がとても青く透き通っており、勇壮さの中に静かさをも感じさせる。
 一帯の渓谷は、新緑から紅葉まで四季を通じて折々の美しい景観を楽しむ事が出来、滝の風情をいっそう高めている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



記事数7件: 1~7 件表示          
NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter