NIPPON Kichi - 日本吉

2008/5/2

浦添城跡 Urasoe-jouato 

Jp


 浦添城跡(うらそえじょうあと)は、沖縄県浦添市仲間にある城跡である。国の史跡に指定されている。
 13世紀頃に築城されたと伝わる琉球国中山の王宮で、王宮が首里城に移されるまでは、舜天(しゅんてん)、英祖(えいそ)、察度(さっと)の居城として200年余りに渡り栄えた。
 慶長一四(1609)年に薩摩軍の琉球侵攻によって、焼き討ちされ廃城となる。
 太平洋戦争で沖縄戦の激戦地となり、現在は石垣のみ残っている。城跡内の高台からは周辺一帯を見渡せ、地理的に優れた城であった事が伺える。
 北側には琉球王国初期の王陵で、12世紀に英祖王(えいそおう)が築いたと伝えられる「浦添ようどれ」があり、一帯は、緑豊かな浦添大公園として整備されている。
 浦添城跡は、琉球王国のかつての繁栄が偲ばれる城跡である。現在、浦添市の働きにより、史跡浦添城跡復元事業を進めているという。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
901-2103 沖縄県浦添市仲間
名前
浦添城跡
電話
098-876-1234




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter