NIPPON Kichi - 日本吉

2007/3/29

毛越寺の延年 Moutsuu-ji-no-ennen 

Jp


 毛越寺の延年は岩手県西磐井郡平泉町に位置する毛越寺で行なわれる芸能の事である。
 毎年一月二十日、常行堂の摩多羅神(またらじん)祭の最終日、「二十日夜祭」の際に行なわれる歌舞を指す。
 開山以来の秘法とされる常行三眛供の後に行なわれる。
 最初に御願円満、息災延命を願う祝詞が上げられ、続いて太鼓、笛、銅撥子らを従えた「田楽躍」が行なわれ、「路舞」「老女」「若女」「児舞」「勅使舞」などの演目が行なわれる。
 平安時代、寺院で行なわれてきた古式の芸能であり、現代にその姿を残す貴重な舞として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
029-4102 岩手県西磐井郡平泉町字大沢58
名前
毛越寺の延年




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter