NIPPON Kichi - 日本吉

2007/4/6

黒神埋没鳥居 Kurokami-Maibotsu-Torii 

Jp


 黒神埋没鳥居(くろかみまいぼつとりい)は、鹿児島県鹿児島市黒神町にある文化財である。県の天然記念物に指定されている。
 大正三(1914)年一月一二日の桜島の大爆発は、黒神一帯を火山灰、軽石等で埋めつくし、噴煙は8000mまで達し、約30億トンの溶岩と約11億トンの火山灰などが噴出した。
 その際、桜島の東岸にあった黒神地区一帯も焼失し、黒神神社(腹五社神社)の鳥居は、上部だけを残して埋まってしまう。今は、高さ3mの鳥居の上にある笠置の部分だけが地表から頭を出して、神社本殿は灰の下に眠っている。
 噴火後、当時の村長は、この鳥居を大噴火の記念物として後世に残すことにし、このままの形で保存することになった。
 黒神埋没鳥居は、爆発の猛威を今に伝える貴重な建物である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
891-1401鹿児島県鹿児島市黒神町
名前
黒神神社(腹五社)
電話
099-216-1327




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter