NIPPON Kichi - 日本吉

記事数73件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/24


中海 nakaumi 

Jp

 中海(なかうみ)は、島根県松江市、安来市、八束郡東出雲町から鳥取県境港市、米子市にまたがる、面積86.2平方km、周囲105kmの天然湖である。
 全国第5位の広さを有する湖で、大山隠岐国立公園と隣接して雄大な景観をつくりだしている。
 幅600mほどの自然の水路により日本海と結ばれた汽水湖のため、海水と淡水の両方の魚が生息しているのが特徴である。
 湖岸には浅瀬やヨシ原が発達し、南には穀倉地帯の米子平野が広がり、西は大橋川を介して宍道湖とつながっている。
 日本有数のガンカモ類の越冬地として知られ、毎年約5万~7万5千羽が越冬する。また、コハクチョウも千羽以上飛来し、列島南限の集団越冬地となっている。
 中海は、豊かな自然に彩られた、渡り鳥が集う景勝地である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/10/21


屈斜路湖 kussharo-ko 

Jp

 北海道の東端、川上郡弟子屈町にある屈斜路湖(くっしゃろこ)は、周囲57km、面積79.3平方kmの自然湖である。全域が阿寒国立公園に属している。
 日本最大の屈斜路カルデラの中に横たわるほぼ円形をなす巨大なコバルトブルーの湖で、その大きさは国内で6番目、カルデラ湖としては日本最大の広さを誇る。
 湖の周りから小さな川が流入し、南端から釧路川が流れ出している。屈斜路の名は、その釧路川が流れ出す付近にあった「クッチャロ」という名の集落からきている。クッチャロとは、アイヌ語で喉や口、流れ出口を意味する。
 湖心に浮かぶ中島は、周囲12km、面積5.7平方km。淡水湖にある中島では日本一大きい島で、湖を望む3つの峠に立つと、眼下に雄大な原生林に囲まれた湖を見下すことができる。
 昭和一三(1938)年、屈斜路地震で湖底から硫黄が噴出し酸性度が上がって魚類はほぼ全滅したが、その後酸性度は低減され、近年では十種類程の魚が見られる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/9/8


田沢湖 Tazawako 

Jp

 田沢湖(たざわこ)は秋田県仙北市にあるカルデラ湖で水深は423.4メートル、日本で一番深い湖である。カルデラ湖は火山活動で出来た大きなくぼみが湖となったものであるが、この湖がいつ頃にできたものかはまだ判明していない。
 田沢湖の名称は明治に入ってから定着したもので、それ以前は田沢の潟、辰子潟などと呼ばれていた。これはアイヌ語で「盛り上がった円頂の丘」を意味するという説もある。
 湖面は瑠璃色に輝き、幻想的な雰囲気を漂わせている。あたりは、桜の風景、新緑の風景、紅葉の風景、白銀の風景と四季を通じて印象深い景色を造りだしている。水上には近くの山にうまれたといわれる伝説のおとめ、金色のたつこ像が輝いて建っている。
 東北に位置しながら、田沢湖は冬でも水温4度の凍らない湖としても有名である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/7


伊奈ヶ湖 Inagako 

Jp

 伊奈ヶ湖(いながこ)は、山梨県にそびえる櫛形山の東麓にある県民の森の中に佇む湖である。
 標高900mの高地に位置する湖で、北伊奈ヶ湖と南伊奈ヶ湖の二つの湖の総称となっている。
 北伊奈ヶ湖は、周囲400mほどの天然の池を改修して発電用貯水池とした人造湖で、南伊奈ケ湖は周囲500mほどで、灌漑用の貯水池として開発されたものだ。
 どちらも現在はその役目を終え、櫛形山の豊かな緑の中に静かに佇んでいる。
 周辺にはヒノキが生い繁り、アスレチック施設や公園も整備されており、北はエメラルドグリーン、南は青みがかったグリーンの美しい湖面には観光客のボートが穏やかに浮かぶ、県民の憩いの場所である。
 その標高から甲府盆地を見下ろす景観や富士の雄峰などを楽しむこともできる。
 また、湖の周囲には、水面にせり出さんばかりの緑があふれ、秋になれば湖の深いグリーンと紅葉の鮮やかな赤の配色が魅せる美しさを堪能できるだろう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :


2008/7/2


菖蒲池 Shoubuike 

Jp

 菖蒲池(しょうぶいけ)は、山梨県の雄峰櫛形山(くしがたやま)の山麓一帯に広がる県民の森にある湖だ。
 同じく県民の森内にある南伊奈ケ湖の南に位置する0・4haほ