NIPPON Kichi - 日本吉

記事数4件: 1~4 件表示          

2008/9/19


山口源兵衛 Yamaguchi Genbee Genbee Yamaguchi

Jp En

 昭和五六(1981)年、元文三(1738)年創業の京都の老舗帯問屋『誉田屋源兵衛』十代目を襲名し、帯作りに専念。近年は、着物も手がける。日本原種の繭「小石丸」の復活やフィリピンのドリームウィーバーの保存など、染織技術の活性化に努める。2003年、日本文化大賞受賞。建築家の隅研吾氏やデザイナーのコシノヒロコ氏とのコラボレーションに続き、今年春には、セレクトショップのユナイテッドアローズと組み「傾奇者達之系譜」を発表。血沸き、肉躍る、男の着物である。
 ワイルドで派手好きな桃山の男達。桃山時代、日本の男たちは「世界一タフ」と尊敬されていた。その血の記憶が覚醒した男気とロックンロールの風情。そこには「婆娑羅」「傾奇」「粋」と、日本に連綿と続く傾奇者のDNAが宿っている。傾奇とは、歌舞伎、傾(かたぶ)くことである。
 「型をやり通したら、パッと自分の底が開ける瞬間が来る。世阿弥が言うように、型を追い続けることが自由への最短の道なんや」
 旺盛な生命力も艶やかさも、その「深み」あればこそなのだ。
[→より詳しい記事を見たい方はこちら]
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/2/1


世阿弥 Zeami Zeami

Jp En

 世阿弥(ぜあみ)は、室町時代初期の猿楽師である。実名は、元清。
 貞治二(1363)年、大和猿楽の有力な役者であった観阿弥の子として生まれる。幼名は、鬼夜叉。通称は三郎。
 12歳の時、観阿弥が今熊野で行った猿楽能に出演し、当時18歳の3代将軍足利義満に気にいられ、以後庇護を受ける。連歌師でもあった摂政二条良基から藤若という名を賜るなど、武家や貴族の文化に触れつつ自らの美意識を昇華させ、父観阿弥とともに能を大成させた。父の死後、観世太夫を受け継ぐ。世阿弥という名は、仏教の教派の一つである時宗の法名である世阿弥陀仏からきている。
 『風姿花伝』『花鏡』など多くの伝書を残し、「秘すれば花」に代表される美学は、600年を経た今でも鮮烈な輝きをもっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/18


能面 俊寛 Noumen Shunkan Noh Mask Shunkan

Jp En

 能で使う男性の面の一つ。能、「俊寛」で使用する。
 俊寛(康治二(1143)年~治承三(1179)年三月二日(4月10日))は、平家物語に登場する僧。
 平安時代後期の真言宗の僧である俊寛が、平氏打倒の陰謀を藤原成親、平康頼らと企てたのがばれ薩摩国の鬼界ヶ島に流された。
 藤原成経、平康頼は、千本の卒塔婆を作り海に流したものの一本が安芸国厳島に流れ着き、平清盛が恩赦を行った。藤原成経、平康頼は赦されたが、卒塔婆を作るのに加わらなかった俊寛は陰謀の張本人だということから、島に一人取り残されてしまい、悲観して食を断ち自害したとされる悲劇から世阿弥が俊寛を作ったとされている。
 強い悲しみに疲れ果てていることが表現されている面である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :