NIPPON Kichi - 日本吉

記事数11件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/6/10


鳩車 Hato-guruma 

Jp

 鳩車(はとぐるま)は長野県野沢温泉地方の伝統ある郷土玩具。アケビの蔓(つる)を細工し、鳩に車輪の付いた玩具である。全国郷土玩具番付で「東の横綱」に推挙されている。
 はるか昔、野沢温泉近くの貧しい農家に来たお坊さんを快く泊めてあげたところ、一家はお礼につがいの鳩を授かり、幸運に恵まれたという話に由来する。子孫である河野安信がそれを思い出し、アケビの蔓で鳩の細工を作ったところ、飛ぶように売れたという。
 その後、村内に蔓細工が普及した。しかし、明治時代に入ると蔓細工の売れ行きが悪くなり、とうとう鳩車を作る人はいなくなってしまったという。
 それから二〇年程が経ち、安信の作った蔓細工を河野虎之助が研究し復元に成功。現在の形に整えられ河野平作に伝承された。
 平作は昭和三六(1961)年の産業博覧会につがいの鳩車を出品。その時、訪れた皇太子妃殿下(現在の皇后陛下)の目にとまり、鳩車を献上したというエピソードが残されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/1/17


盆栽 つるうめもどき Bonsai Tsuruumemodoki 

Jp

 「蔓梅疑(つるうめもどき)」とは、にしきぎ科つるうめもどき属で、冬に葉がなくなる落葉低木である。
 「つるうめもどき」という名前は、もちのき科の「梅疑(うめもどき)」に似ていることからその名がつけられた。
 初春に新芽が出て、みるみるうちに葉が茂っていく。5月から6月頃、黄緑色の小さな花がたくさん咲き、穂長が20センチメートルほどになる。葉は長さ10センチメートルくらいの楕円形である。
 秋に入り、葉が落ちたあと黄色の実がなり、熟すと裂けて黄色の仮種皮に包まれていた赤い種子が顔をだす。黄色の実と赤い実の対比が美しいことから、生け花の材料として使われることも多い。また、樹皮から繊維をとり、糸撚りなどの材料としても使われる。
 冬の乾燥に強く、育てやすい樹木として知られている。春の新緑から秋の紅葉、そして冬の落葉など、四季折々の変化を気軽に楽しむことができる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




葛(クズ) Kuzu 

Jp

 マメ科に属する葛(くず)は、秋の七草のひとつで、蔓(つる)性の多年草である。
 成長力が非常にあり、節々から根を出し、地中深く根付く。蔓もまた成長が早く、木を覆い尽くすように伸びるため、中国奥地では緑化のために植えられたこともある。
 大きな葉を持ち、夏に咲く赤紫色の小さい花は甘い香りがするのが特徴である。
 葛きりや葛湯などに使う葛粉は太い根からとれる澱粉から作られる。中でも吉野で採られ何度も晒された吉野葛は葛粉の代名詞となっている。また、風邪に効く漢方薬もまた、葛の根を干したものを原料としている。
 長い蔓は籠などの生活用品に利用され、またその繊維は温かみのある葛布として生まれ変わるなど、日本では生活に役立つ植物として親しまれている。 
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します