NIPPON Kichi - 日本吉

記事数66件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/3/5


ワラ白蓮紋様七寸皿 Warabyakuren-monyo nanasun-zara Wara White Lotus Serving Plate

Jp En

 日本料理の美しさは、世界でも定評がある。それは料理そのものだけでなく、器の選び方に寄るところも大きい。ちょっとした家庭料理でも、風情のある器に料理を盛ると、がぜんおいしそうに見えてくるものである。器ごとに違う微妙な色と形は、自然のあり方をそのまま生活に溶け込ませる日本特有の美学。
 きちんと整形された美しさの対極にある。この「ワラ白蓮紋様7寸皿」も、手作りのため、ひとつひとつ形と色が微妙に違う。蓮の葉の模様が彫りこまれたシンプルな皿は、過分な主張がなく料理が栄える。七寸というのは、直径20・5センチメートル。どんな料理にも使いやすい大きさだ。
 小さな工房で生み出された、この世にひとつだけの器との一期一会。そんな出会いも、人生の彩りとなる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/11/29


四半的矢 Shihanmato-ya 

Jp

 四半的(しはんまと)、正式には四半的弓道という。宮崎県日南市にあった飫肥藩(おびはん)に伝わっていた武道弓技である。四〇〇年の歴史を持つ。
 特徴としては標的の直径が4寸5分(約13.6センチ)、弓矢の長さが4尺5寸(約1.36メートル)、標的までの距離が4間半(約8.2メートル)と、4と5の数字を基準としたルールになっており、正座姿勢の状態で弓を射る。
 現在では弓技スポーツとして鹿児島県や熊本県にも広がり、競技大会も数多く開催される。
 競技内容は4間半の距離で的を射て当たりを競い合うというもの。矢を10射して3回、合計30射の当たり本数で勝敗が決められる、団体戦、個人戦がある。
 競技に使用される矢は高山に自生するクマザサを長期間乾燥させた後、火であぶり、微妙な色合いを出したものがつかわれる。竹の素朴さを生かした優れた工芸品でもある。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/11/5


小森古墳 Komori-kofun 

Jp

 考古学では古墳時代を古い順に前期、中期、後期と三期に分けるが、各期に渡る古墳が集中する宇和町では、現在までに二〇〇を越える遺跡が発見されている。そのうち古墳の数は七〇基を超えるとされ、現在までその古墳のほとんどは円墳と推測されていが、唯一小森古墳のみが前方後円墳という。
 小森古墳は標高二四〇mのなだらかな山上に位置し、全長六〇m、後円部直径三〇m、高さは四mある。
 竪穴式石室と推定されているが詳細はわかっていない。後円部上及び墳丘北側から土師器片や多数の埴輪片が出土しており、築造年代は五世紀末頃と思われる。
 現地は立木を伐採しており、見学が可能である。小高い山を眺め、古代へ思いを馳せる時を過ごすのも楽しい。
 昭和三二年二月一六日町文化財に指定され、現在も発掘調査は続いている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します