NIPPON Kichi - 日本吉

記事数24件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/8/7


夾纈 Kyoukechi 

Jp

 夾纈(きょうけち)は、日本に伝わる、衣類の染色法のひとつである。
 布を半分に折り、この折り目から布端までの図模様を板二枚に彫り、生地裂を半分に折り、その二枚の板に挟んで締め付けて、板の背後からあけた幾つかの穴から染料を流し込んで染める。
 この染色技法のために板を外して拡げると、左右対称の図柄であり、染料の浸み込んだ場所も左右同じ場所となっている。
 布を広げてみないと、どんな風に染め上がったか、染めた本人にもわからないと言われている。
 その起源は、中国ともインドとも言われ、シルクロード、敦煌などの遺跡や日本の正倉院にも夾纈の貴重な裂が多く遺されている。
 柔らかで幻想的な美しさを持ち、日本では奈良時代を中心に行われた染色法だが、多彩な染色は難しく、廃れていった。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/9


狩衣 Kariginu 

Jp

 狩衣(かりぎぬ)とは、平安時代以降の公家の普段着である。
 その名の通り、元は野外狩猟用の服で、着用も簡便で運動性も高いものであった。便利なために一般公家の日常着として愛用され、次第に院参にも用いられるようになり、時代を経るに従って公服としての色彩を増していった。
 烏帽子を被り紅の単を着て、指貫袴をはき、狩衣を着るという活動的で、気楽な服として着た装束で、布衣(ほうい)ともいわれた。
 身幅が一幅で両脇を縫わず、前の袖付けも縫わず、背で20cmほど袖を縫ってあり、袖口に括紐をとおしてある。
 藤原期より、機能性に富み若年の日常着として貴族社会の中で広く利用されるようになった。
 ただし狩衣での参内は一切認められず、基本的に狩衣に冠を被る事はなかった。
 狩衣は、現代では神職の常装として着用される伝統装束である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/4


葛籠 Tuzura 

Jp

 葛籠(つづら)とは、衣を入れる籠の事である。
 元々はツヅラフジのつるで編んだ蓋つきの籠の一種であったが、後に竹を使って網代に編んだ四角い衣装箱をさして呼ぶことが一般的になった。
 古くは正倉院にも所蔵されており、平安時代に入り竹を加工する技術が確立されると、四角く作られるようになった。江戸時代の頃より庶民に愛用され、明治~大正時代の頃によく使用された。
 通気性に富み、また、葛籠の表面に塗られる漆や柿渋に抗菌、防虫、防腐作用があるため、大切な着物を保管するのに最適といわれている。
 おとぎ話「舌切り雀」に、おみやげ物が入っている容器として大きな葛籠と小さな葛籠が登場する事でも知られている。
 葛籠は、通気性が良くて軽い、衣類を入れるための日本伝統の家具である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/7


首里の織物 Syuri-no-orimono The Shuri Textile

Jp En

 首里(しゅり)の織物は、約五百年に及んだ琉球王朝の首都であった現在の那覇市、首里を中心とした地域に伝わる織物である。
 中国や東南アジア諸国などの影響を受けながらも独自の発展を遂げ、歴史上、芸術上の価値も高く、地域的特色を色濃く残した沖縄を代表する織物である。
 染色には琉球藍を主体とした植物染料が用いられ、製織は地機および高機の投げ杼(なげひ)の手織りによって行われる。
 現在、首里花織、道屯織、花倉織、諸取切、手縞、煮綛芭蕉布、花織手巾の7種類の技法が伝えられている。
 高度な技術による優れた意匠の織物は、主に貴族や士族の衣服として愛用され、一つの地域に伝承される染織技法としては、多様性や洗練度において、他に類を見ない特徴を持つものでもある。
 琉球王朝時代においては、織手はほとんどが士族の妻やその娘達であり、彼女達の誇りある手仕事の一つであったという。
 今に伝えられ、織り上げられる逸品には、彼女達の誇りも一緒に織り込まれているに違いない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




紬織 Tsumugi-ori Tsumugi Silk Textil

Jp En

 紬織(つむぎおり)は、真綿から紡ぎ出した糸を経緯に用い、手織りで織り上げられた織物である。
 屑繭などから真綿を作り、指先で糸にしたものを手紡ぎ糸あるいは紬糸といい、それらを用いることから紬織と呼ばれるようになった。
 手紡ぎ糸独特の微妙な凹凸から生まれる風合いや鈍い光沢が特徴で、また、非常に丈夫なことから、古くから日常衣料や野良着などの作業着として用いられていた。
 このため、例え絹であっても正装には用いられなかったが、江戸時代のいわゆる”粋”を愛した通人たちが、その色合いや絹なのに落ち着いた光沢を持つ風合いに渋さを見出し、さりげなく趣味の良さを主張できる粋な反物として、外出着やお洒落着に用い、人気を博した。
 非常に丈夫な分、織りたては生地が硬く、着心地が良くないため、裕福な商人は番頭などに着せて、やわらかくなったところで自分で着用したという逸話もある。
 織りたての硬いものを羽織って、落語よろしく粋がってみるのも良いかも知れない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/5


紅型 Bin-gata Bingata

Jp En

 紅型(びんがた)