NIPPON Kichi - 日本吉

記事数25件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/6/30


二俣城 Futamata-jou 

Jp

 二俣城(ふたまたじょう)は、静岡県天竜市街地の北側、標高約一〇〇メートルのところにあり、天龍川と二俣川に囲まれ切り立ったところに立っている。徳川軍と武田軍による攻防の舞台となった城として知られている。
 文亀三(1503)年、二俣昌長(ふたまたまさなが)が築城したとされる。
 天正七(1579)年九月一五日、徳川家康の嫡男である松平三郎信康が城中で自刃したという悲話が残されている。この際、介錯に使われた刀が千子村正(せんごむらまさ)であった。村正とは、室町時代の刀工で、伊勢国桑名の住人。「妖刀村正」と呼ばれ、数々の伝説を残した名匠で、信康の自刃のほか、徳川家康の祖父・清康が殺害され、さらに関が原の戦いで家康自身も手に傷を負ったのが全て村正という。
 現在残っているものは、高さ約四、五メートルの天守台と、野面積み(のずらづみ)の石垣、本丸、二の丸、南・北曲輪、土塁などが残されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




伊勢亀山城(胡蝶城) Ise-kameyama-jou(Kochou-jou) 

Jp

 伊勢亀山城(いせかめやまじょう)は、三重県亀山市本丸町にあった城である。
 2000m余りの白亜の土塀により、蝶の群れが舞うような姿に見えた事から別名・胡蝶城(こちょうじょう)とも呼ばれている。
 文永二(1265)年、関実忠(せきさねただ)によって若山に築城され、その後現在の位置に遷された。
 元亀四(1573)年、関盛信(せきもりのぶ)が織田信長によって追放されるまで関氏代々の居城となっていた。
 交通の要所にあったため、城主はその後本田氏、石川氏、板倉氏、松平氏、板倉氏とめまぐるしく交代し、延享元(1744)年、石川氏が入城、以降、明治維新まで城主を務めた。
 建物のほとんどは破壊され、現在は僅かに多門櫓と外堀、土塁の跡を見る事が出来る。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




津城(安濃津城) Tsu-jou(Anotsu-jou) 

Jp

 津城(つじょう)は、三重県津市丸の内にあった城である。別名・安濃津城(あのつじょう)とも呼ばれる。
 永禄年間(1558~1569)に、長野氏の一族・細野藤敦(ほそのふじあつ)が安濃・岩田の両河川の三角州に小規模な安濃津城を構えたのが、始まりとされる。
 北は安濃川、南は岩田川に挟まれ、これらを天然の大外堀としていた要害である。
 以後、何人か城主を替え、慶長一三(1608)年、藤堂高虎が伊勢・伊賀22万石をもって入城した。高虎は城の大改修に着手し輪郭式の城郭に変貌させ、城下町を整備し、明治維新まで藤堂氏の居城となった。
 現在、城跡はお城児童公園となっており、北側の本丸石垣には、築城時の石垣に修築時の石垣が継ぎ足された様子が伺える。
 津城は、戦国時代を生き抜いた歴戦の城である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




松阪城 Matsuzaka-jou 

Jp

 松阪城(まつざかじょう)は、三重県松阪市殿町にあった城である。かつては松坂城(まつさかじょう)と言われていた。日本100名城に選定されている。
 天正一六(1588)年、戦国の名将・知将と謳われた蒲生氏郷(がもううじさと)により、伊勢支配の拠点として築かれた。
 四五百森(よいほのもり)に、三層の天守閣を中心として金の間櫓等11棟の建物を建造し、小牧・長久手の戦後、松ヶ島城と大阪城の名をとり、松阪城と名付けた。
 以後、何人かの城主を迎え、元和五(1619)年、紀州徳川藩の所有となり、南伊勢国内を統括する城として代々城代が置かれた。
 現