NIPPON Kichi - 日本吉

記事数7件: 1~7 件表示          

2007/5/31


紅葉川渓谷 Momiji-gawa-kyoukoku Momiji River Valley

Jp En

 山形県山形市の北東にある「面白山」にある渓谷。
 四季折々の自然を満喫できるハイキングコースとして整備され観光客で賑わう。
 特に10月下旬から11月中旬にかけて、紅葉川の名の由来となっている「紅葉」は見ごたえたっぷりである。
 コースは2キロの長さを、ゆっくりと歩いて40分ほど。渓谷に流れ落ちる「藤花の滝」「幻竜の滝」などの「滝」が、随所に見られる。また、渓谷ならではの大きな「岩」が転がり、「鯨岩」「宝船」などの名が付けられ、奇形な岩もたくさんある。
 川の所々は、幅が大きくなったり、また岩と岩の細い間を通り抜けたりと、川の表情が変化し、訪れる人達を楽しませてくれる。
 写真家たちにも非常に人気がある場所である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




明道の滝 Myoudounotaki Myodo Waterfall

Jp En

 山形県米沢市にある最上川の源流とされる滝。正確に言うと、最上川の上流は「松川」と呼び、その源流が「明道の滝」となる。
 西吾妻山のハイキングコースにある展望台から、迫力ある姿が見られる。断崖絶壁にあり、近くまでは行けない。
 このあたりは米沢の山岳地帯。西は朝日連峰、東に奥羽山脈、そして南に吾妻連峰があり、米沢市はこれらの山に囲まれた盆地になっている。100ヘクタールに広がる湿地帯は、高山植物の宝庫である。
 近くには温泉がいくつかあり、シーズンを通して観光客で賑わう。観光としての人気は、秋のシーズンで、明道の滝の回りも紅一色の紅葉で色づく。紅葉の中にひと筋の「水」の路が現れる、その姿はいかにも「源流」の象徴である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/22


飛雪の滝 Hisetsuno-taki Hisetsu-no-taki (Waterfall of Flying Snow)

Jp En

 飛雪の滝は、三重県南牟婁郡紀宝町にある高さ30m、幅12mの大きな滝である。
 昔は鬱蒼と茂った竹林の中の谷にある滝であったことから「竹の谷の滝」と呼ばれていた。
 名前の由来は、紀州藩主徳川頼宣がこの美しい滝を見て、
 幾重なす 山を巡りて川豊か
 物は皆 装い凝らす秋の色
 滝つ瀬の 一筋掛かる岩の辺の
 風吹けば 飛沫さながら雪の舞
 と、詠んだ詩からである。
 紀宝町で一番簡単に行ける滝であるが、周りの雰囲気がすばらしいので、山奥でしか見られないような雄大な滝に感じられる。
 滝の東側には浅里神社があり、滝は神社の神域を流れている。
 その姿は幽玄の趣であり、起伏のある岩肌を流れる水は激しいしぶきとなって飛び散り、その名の通り、雪が舞っているように幻想的な雰囲気を醸し出している。
<