NIPPON Kichi - 日本吉

記事数2件: 1~2 件表示          

2007/1/15


梁 Hari Hari

Jp En

 梁とは木造建築における構造材で、柱と柱をつなぐ水平の材料。
 一般に梁間方向とは、建物の奥行きのことであり、単位は「間(けん)」で表す。1間は約1、8182mに相当。
 木造建築以外でも、梁の役割をする部分は、構造上非常に重要な場所である。
 この構造をもつ建物の歴史は、かなり古くから存在する。現存する古代の歴史的建造物をみると、「木」の自然湾曲をそのまま使用した、はだかの梁を見ることがある。加工せず、そのままの湾曲した「木」を使うことは、高い強度を維持することができる。
 現代人にとっては「アート」としての魅力も持ち合わせ、構造上の役目をもたない、梁のモチーフをあえて天井に付け、意匠として使用されることも多い。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します