NIPPON Kichi - 日本吉

2008/3/4

日本画 Nihonga 

Jp


 日本画(にほんが)は、日本で独自に発展した絵画におけるジャンルの一つである。
 明治時代にヨーロッパからもたらされた油絵に対し、それまでの日本の伝統的な技法や様式の上に描かれた絵画を指す。
 哲学者であるアーネスト・フェノロサが来日した際、明治一五(1882)年に行った講演で使われた「Japanese painting」の翻訳が、日本画という言葉の初出とされている。
 その後、明治二二(1889)年の東京美術学校開校や明治三一(1898)年の日本美術院創立などにより、日本画隆盛の土台が築き上げられていくこととなる。
 その制作には様々な種類の岩絵具が主として用いられ、膠(にかわ)水で溶いて使われる。これらには溶解しにくい性質があり、絵具を薄く塗り重ねて制作することが可能であるという特徴を持つ。
 岩絵具の取り扱いは癖があり難しく、また高価であることもあって広く一般に普及しているものではないが、それらを駆使して表される世界観は、まさに日本独自のものといえるだろう。

この記事をお気に入りに、追加します

名前
日本画




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter