NIPPON Kichi - 日本吉

2008/6/12

男鹿半島 Oga-hantou 

Jp


 男鹿半島(おがはんとう)は、大半が秋田県男鹿市に属する、日本海に突き出た半島である。一帯は、男鹿国定公園となっている。
 真山、本山、毛無山は男鹿三山と呼ばれ、信仰の山とされる。特に北前船などの船乗りには、海路の目印になる存在として大変信仰深い場所であった。
 中世には修験僧の修業場として山岳信仰の盛んな場所となり、現在でも男鹿半島には赤神神社五社堂や真山神社、万体仏などの遺構が数多く残っている。
 八郎潟調整池の周囲に広がる干拓地の眺めはまさに雄大で、先端部にある一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟には、珍しいマール湖が存在する。
 古くからなまはげで有名な所として知られており、毎年二月にはなまはげ柴灯まつりが開催されている。
 男鹿半島は、山岳霊場と温泉、なまはげで知られる景勝地である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
010-0500 秋田県男鹿市
名前
男鹿半島




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter