NIPPON Kichi - 日本吉

記事数18件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/10/21


屈斜路湖 kussharo-ko 

Jp

 北海道の東端、川上郡弟子屈町にある屈斜路湖(くっしゃろこ)は、周囲57km、面積79.3平方kmの自然湖である。全域が阿寒国立公園に属している。
 日本最大の屈斜路カルデラの中に横たわるほぼ円形をなす巨大なコバルトブルーの湖で、その大きさは国内で6番目、カルデラ湖としては日本最大の広さを誇る。
 湖の周りから小さな川が流入し、南端から釧路川が流れ出している。屈斜路の名は、その釧路川が流れ出す付近にあった「クッチャロ」という名の集落からきている。クッチャロとは、アイヌ語で喉や口、流れ出口を意味する。
 湖心に浮かぶ中島は、周囲12km、面積5.7平方km。淡水湖にある中島では日本一大きい島で、湖を望む3つの峠に立つと、眼下に雄大な原生林に囲まれた湖を見下すことができる。
 昭和一三(1938)年、屈斜路地震で湖底から硫黄が噴出し酸性度が上がって魚類はほぼ全滅したが、その後酸性度は低減され、近年では十種類程の魚が見られる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/7/28


魚見岳 Uomi-dake Mt. Uomidake

Jp En

 魚見岳(うおみだけ)は、鹿児島県指宿市(いぶすきし)の錦江湾岸にたたずむ標高214・8メートルの小高い山。魚見岳の名前は、ここから魚群の動きを監視していたからといわれている。
 山頂までは車でのぼることができ、頂上は自然公園が整備されている。階段をのぼり展望台に立つと、ふもとの指宿市街、錦江湾、知林ヶ島、さらに晴れた日には開聞岳、高隈連山、桜島、硫黄島なども臨むことができる絶景の地だ。
 大昔の火山の一部で、南側と東側は切り立った崖になるため、ハワイのダイヤモンドヘッドそっくりといわれている。
 春になるとおよそ一万本の桜が咲き、ドライブに来た多くの人々や家族連れでにぎわう。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/5


焼岳 Yake-dake 

Jp

 岐阜県と長野県を跨ぐ北アルプスの主稜線上に、硫黄岳(いおうだけ)という別名を持ち、赤茶けた姿が荒々しい印象の焼岳(やけだけ)がある。
 標高二四五五mの、北アルプス唯一の活火山である。火山活動のあった頃、山が焼けているように見えたことからその名前が付いたとされている。
 記録によると、一.五万年前頃に形成が始まり、千年に四回程度の割合で水蒸気噴火が発生しているという。現在も直径約三〇〇mの山頂火口や山腹から、白い煙が上がっているのが見える。
 大正四(1915)年の噴火によって梓川に大量の土石流が流れ込み、一夜にして出来たといわれるのが、焼岳の山裾を映し出す大正池である。枯れた立ち木が林立し、自然の厳しさを物語っている。
 平成二(1990)年までは完全に登山規制されていたが、現在は一部のみ立ち入り禁止となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/1/15


朱色(シュイロ) Syuiro 

Jp

 日本の伝統色のひとつである朱色は、中国では古来より高貴の色とされ、建物や仏壇、食器など様々な物に多用されてきた。
 日本にとって文化の先進国であった中国の影響を受け、国内の神社仏閣などには美しく鮮やかな朱色に塗られた建物が多く見られるが、魔除けや、建物の防虫・防腐の目的も含まれていたという説がある。
 朱はやや黄を帯びた鮮やかな赤色の顔料で、辰砂(しんしゃ)という天然の硫化水銀からつくられ、日本では「丹(に)」とも呼ばれる。後に硫黄と水銀から人工顔料バーミリオンという銀朱が作られるようになったが、天然の朱は、銀朱よりさらに赤みの強い深い色合いを持っている。
 朱は経年による退色や変色が少ないため、印肉などにも用いられている。その色と原料の希少性から、日本でも高価な貴重品として扱われてきた。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します