NIPPON Kichi - 日本吉

記事数9件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/10/17


兵主大社 Hyouzu-taisha Hyozu Taisha Shrine

Jp En

 兵主大社(ひょうずたいしゃ)は奈良時代の創建とされている。兵主を「つわものぬし」とも読めることから、朝廷や武士の信仰を集めた。
 美術工芸品などの社宝は武具から仏舎利まで幅広く、神仏習合の名残りを感じさせる。
 来たる人を待ち構えるかのように堂々とした朱色の楼門は足利尊氏の寄進と伝えられるもので、天文一九(1550)年の墨書が残る。格式の高い一間一戸の入母屋造で、左右の均整が美しく、県指定の有形文化財である。
 砂利の参道を歩くと、正面に檜皮葺(ひわだぶき)の拝殿がある。鰐口(わにぐち)に下がる太い朱紐が目を惹く。
 大規模な庭園は平安時代末期のもので、池を中心とし、庭の景観を楽しみながら歩く、池泉廻遊式(ちせんかいゆうしき)である。
 庭園は苔の絨毯で覆われ、梅雨の時期は香り立つような美しさだ。
 また紅葉の名所でもあり、毎年一一月中旬から下旬にかけてライトアップが行われる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/14


都農神社例大祭 Tsuno-jinja-reitai-sai The Annual Festival at Tsuno Shrine

Jp En

 都農神社(つのじんじゃ)はJR日豊本線の都農駅から車で約5分、宮崎県児湯郡都農町に位置する神社である。
 神武天皇御東遷の際に、この地に祭壇を設けたことが始まりといわれ、代々の天皇とのご縁も深い神社である。社内は見事な森林に覆われ、静寂に包まれている。玉砂利の敷かれた参道を歩んでいくと、厳かな雰囲気に包まれるようである。
 都農神社例大祭は毎年一ニ月四日と五日に執り行われる。四日が前夜祭、五日が例大祭である。
 例大祭では大勢の人々が輪になり踊る「都農町総踊り」、ひょっとこの面をつけて舞うコミカルな「日向ヒョットコ踊り」、弓道を競う「大弓四半的」、神楽奉納などが行われる。
 また、例大祭の間、訪れた人々には、甘酒、酒、焼酎、豚汁がふるまわれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/12


メノウ浜 Menou-hama Meno Beach

Jp En

 メノウ浜は、北海道の礼文島、礼文郡礼文町香深村にある元地海岸(もとちかいがん)の別名である。
 メノウの原石が海岸に打ち上げられているので、この名前がついたと言われている。
 元地海岸は、東海岸の拠点である香深の反対側に位置し、一帯には民家が軒を連ねる。
 海岸には、小石や砂利に混じって乳白色のメノウ原石が見つかる事もある。沖合いにメノウの岩床があり、海が荒れた後は大きな原石も打ち上げられるという。
 海岸沿いには、地蔵が手を合わせて拝んでいるように見える所から名付けられた、50mほどの岩がそそり立つ地蔵岩が見える。
 地蔵岩は学問・縁結びにご利益があると言われ、岩の裂け目には無数のお金が挟まれている。
 メノウ浜は、メノウの原石が打ち寄せる小さな浜である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/3


昆布刈石海岸 Kobukariishi-kaigan 

Jp

 昆布刈石海岸(こぶかりいしかいがん)は、北海道・浦幌町にある海岸道。十勝川河口から釧路方面へ続く道であり、江戸時代に開削された自然路の名残をとどめるものである。
 明治以前、漁業以外に産業のなかった北海道では、海岸のほかは道路の発達をみなかったという。山間部はアイヌの案内なくしては探検できず、川と海岸こそ十勝の唯一の道だったのである。
 昆布刈石海岸道は、風浪の激しい日には徒歩や馬でも通りにくい難所であったため、浦幌では文化二(1805)年に間道が開削され、十勝と日高、釧路を結ぶ幹線道路として重要な役割を果たすこととなった。
 昆布刈石海岸は、現在は砂利道として当時の名残をとどめるのみだが、広大な太平洋を一望できる景勝地として人気を集めている。海岸には昆布刈石展望台もあり、遥かに広がる水平線を眺望できる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/6/6


北海道 坂下仙境 Hokkaidou Sakashita-senkyou 

Jp

 坂下仙境は、北海道を流れる歴舟川上流域に位置する景勝地だ。
 現地にたどり着くまでには長い砂利道と林道を歩いていかねばならず、地元でも「秘境」として知られる。それだけに、手付かずの自然が残っており、新緑が輝きだす春、燃えるような紅葉に埋め尽くされる秋と、四季折々の美しさを楽しめる。坂下仙境は、爽やかな木々の香りと涼やかな冷気を体感できる格好の散策路である。
 坂下仙境は、歴舟川を下る