NIPPON Kichi - 日本吉

記事数51件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/9/26


轟九十九滝 Todoroki-kujuuku-taki 

Jp

 轟九十九滝(とどろきくじゅうくたき)は、徳島県海部郡海陽町平井の轟神社の周囲に点在する滝の総称である。日本の滝百選のひとつに選ばれている。
 海部川の支流で王餘魚谷川(かれいたにがわ)水域にある大小様々な滝群で、落差58m、幅5mの轟の滝・本滝が代表とされる。
 他に、落差15m弱の分岐瀑である二重の滝、落差約15mの男性的な横見の滝、落差約15mの丸渕滝、木材ながしの兄弟伝説が残る大烏小烏滝、春には山桜が咲き乱れる三十三才滝、落差15m弱ながら迫力ある鍋割りの滝、落差15mの船形滝、落差18mの鳥返の滝などが存在している。
 本滝は落差を測ってはいけないという伝説があり、それが一層神秘性を感じさせる。また、本滝上流では8つの滝を巡る「轟九十九滝めぐり」が整備されている。
 轟九十九滝は、轟々と水音とどろく雄大な瀑布群である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します