NIPPON Kichi - 日本吉

2007/1/12

見帰りの滝 Mikaerino-taki Mikaeri Waterfall

Jp En


 「見帰りの滝」は、落差100mの落差を誇る、佐賀県下最大の滝。本流を「男滝」、支流を「女滝」と呼ぶこともある。この名は元禄時代からあり、付近の浄法寺(当時は浄方寺)の和尚がつけたという。当時から風光明媚で知られ、文人たちが立ち寄る名所であった。
 頭上の遥か上より、緩やかな曲線を描き流れ落ちる清流。周囲の豊かな緑の中、岩肌に白い線を施す小さな支流も、独特の風情を与える。滝の背後には修験道の霊山、作礼山があり、多くの山伏達が修行をした。
 現在では「日本の滝100選」に選ばれ、観光名所として賑わいは絶えない。少し遠くには吊り橋があり、滝の全景を眺めることができる。
 また付近はあじさいの名所で、6月上旬から7月上旬まで、色彩豊かなあじさいと流麗な滝を同時に味わえる稀有な場所でもある。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
〒849-3223 佐賀県唐津市相知町伊岐佐 天然自然公園内
名前
見帰りの滝




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter