NIPPON Kichi - 日本吉

記事数3件: 1~3 件表示          

2008/3/24


賽銭 Saisen Saisen

Jp En

 賽銭(さいせん)とは、神に奉げる供物の一種で、祈願成就のお礼や参拝の際などに奉納する金銭のことである。古くは、米などの五穀を紙に包み奉納するのが主で、時には衣服や武具など食物以外の幣帛(へいはく)を供えた。
 その後、貨幣制度の発達に伴って、金銭を奉納するということが自然発生的に生まれ、室町時代に入って金銭を入れるための賽銭箱が置かれるようになったとされる。
 記録に残る最も古い賽銭箱としては天文九(1540)年、鶴岡八幡宮に置かれた散銭櫃(さんせんびつ)という箱だと伝えられている。
 多くの場合、神社や寺院の前に置いている賽銭箱に賽銭を投入してから、神社なら拍手、寺院なら合掌を行い、神仏への祈願や成就のお礼を心の中で唱える。投入する金額に決まりはないが、古くから願いにかけた語呂合わせで投入額を決めるということがなされており、縁結びならご縁にかけて5円、商人なら福来いで2951円などがあるとされている。
 いつの世も、神様へのお願い事は不変なのかもしれない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/1/22


<