NIPPON Kichi - 日本吉

記事数12件: 1~8 件表示     >>     >|  

2007/10/17


信楽院 Shingyou-in Shingyoin Temple

Jp En

 信楽院(しんぎょういん)は、滋賀県日野町のほぼ真ん中にある浄土宗の寺で、この地方の領主であった蒲生氏(がもうし)の菩提寺。貞和五(1349)年に蒲生高秀が小御門城(こみかどじょう)に阿弥陀如来を安置する小堂を建立したのが起源で、その後、音羽城、中野城と蒲生家の本城内に移されて来たが、中野城が廃されるに際し、定秀の隠居所であった現在地に移された。
 境内はさほど広くはないが、元文四(1739)年に建てられた県指定文化財の本堂などが目立つ。寺宝に伝恵心(でんえしん)作の観音像がある。本堂の天井には、日野町出身の著名な京狩野派画家・高田敬輔により、縦横一一メートルにおよぶ荒れ狂う巨大な竜が描かれ、睨みを利かせている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/9/27


宮城 岩蔵寺 Miyagi Ganzou-ji 

Jp

 宮城の岩蔵寺(がんぞうじ)は、宮城県岩沼市志賀薬師にある天台宗の寺院である。本尊は、薬師如来像。
 貞観二(860)年、慈覚大師円仁が近江国志賀から薬師如来を移して開基したと伝えられる。
 境内の薬師堂に安置されている薬師如来は、大師自らが刻んだといわれる本尊の秘仏で、現在は開かずの厨子に納められている。
 脇侍に日光・月光の両菩薩を安置しており、平安後期の丈六阿弥陀如来像、運慶作といわれる十二神将、法眼となった狩野派の絵師による作とされる絵馬など、多くの像や寺宝を保持している。
 木立に囲まれた境内は素朴な味わいがあり、付近の人々の厚い信仰をうけている。
 宮城の岩蔵寺は、歴史ある古刹である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/7/11


龍雲閣 Ryuuun-kaku Ryuunkaku Guesthouse

Jp En

 北海道日高支庁静内町。そこに明治五(1872)年、新冠御陵牧場が建設され、宮中御料馬の生産や道産子の品種改良を担うことになる。
 牧場の担うその作業内容から、皇族をはじめ政府高官が多く訪れる場所となり、彼らの貴賓舎として明治四二(1909)年に建設されたのが、龍雲閣(りゅううんかく)だ。
 当初は凌雲閣と名付けられていたが、大正に入ってから今の名前で呼ばれるようになった。
 風格ある御殿造りの木造建築が大自然の中にたたずむ風景は、一種独特の雰囲気を放っている。
 ここには第一号の宿泊客となった伊藤博文の絶筆とされる、七言絶句の墨書や狩野探幽の絵屏風なども残されており、建物とともに収蔵品も貴重な文化遺産となっている。
 建物内部は桜祭り期間中のみ開放されるが、二階に登れば広大な牧場を見渡せる絶景を楽しめることだろう。
 吹き抜ける風はほのかに、明治の文明開化の香りを漂わせているかもしれない。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します

keywords :