NIPPON Kichi - 日本吉

2008/5/20

神田祭 Kanda-matsuri 

Jp


 神田祭(かんだまつり)は、江戸総鎮守である神田明神で、隔年の五月一〇日から一五日まで行われる祭りである。
 日枝神社の山王祭、富岡八幡宮の深川八幡祭りと並び、江戸三大祭の一つに数えられ、江戸時代には本社の神輿を江戸城内まで担ぎ込み、氏子でもある将軍の上覧を得たことから、天下祭とも言われている。
 費用の面から天和元(1681)年から幕府の命により、神田祭と山王祭を交代で隔年に行うようになり、それが今も引き継がれて、神田祭の当番の年の祭りを「本祭り」、当番でない年は「陰祭」(かげまつり)と呼んでいる。
 神社本殿から、御祭神の御霊を神幸祭で巡行する神輿へお遷しする「神輿遷座祭」(みこしせんざさい)から始まり、期間中の土曜日に行われ、神田や秋葉原、日本橋など氏子百八町を鳳輦神輿(ほうれんみこし)を中心に様々な山車と共に祭礼行列が巡行する「神幸祭」など、最終日の例大祭まで華やな江戸の天下祭が展開される。
 まさに江戸っ子の、祭に対する粋が凝縮された五日間である。

この記事をお気に入りに、追加します

住所
101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
名前
神田明神




NIPPON Kichi - 日本吉 - 日本語に切り替える NIPPON Kichi - 日本吉 - to english

モノ・コト・ミル・ヒトで綴る
日本の美意識。

現在の記事 5445
カテゴリーズ
都道府県
キーワードシャッフル
お気に入り
キーワード検索
閲覧履歴



Linkclub NewsLetter