NIPPON Kichi - 日本吉

記事数4件: 1~4 件表示          

2007/2/7


生駒山 Ikoma-yama 

Jp

 生駒山(いこまやま)は、奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある標高642メートルの山。生駒山地の主峰である。
 生駒山は、手軽にハイキングできる山として知られ、一年を通して山歩きを楽しむ人々が多く訪れる。信貴スカイラインを利用すれば、車でも登れる。生駒山脈の稜線をたどって、大阪平野と大阪湾、奈良盆地の眺望を楽しみながら走れるという。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と、四季折々の景色が美しい。
 生駒山から大阪を望む夜景は格別で、まるで宝石箱をひっくり返したような景観が楽しめる。
 また、山上には「生駒山上遊園地」があり、夏は夜間営業も行われるため納涼をかねて夜景を楽しみに訪れる人も多い。各種アトラクションや小動物とふれあえる「ペットふれあいの森」などが揃い、大人も子どもも楽しめる観光スポットだ。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2007/1/26


鮎帰りの滝 Ayugaeri-no-taki Ayugaeri-no-taki Waterfall

Jp En

 鮎帰りの滝は、大分県中津市三光臼木にある、山国川を流れる小さな滝である。
 名前の由来は、山国川を泳ぎ登る若い鮎が、この滝を登ることができなかったことから、と言われている。
 滝幅は10mである。山国川の中で唯一の滝であり、河川敷の中心にあって、小さな瀑状を呈している。
 他の場所にも「鮎帰りの滝」という名の滝は存在するが、この国道212号線沿いに見ることができる鮎帰りの滝は、慎ましい。
奇岩の間を飛沫とともに落流する景趣は大変きれいである。この他にも山国川沿いには奇岩のつくり出した様々な景観を見ることができ、面白い。
 鮎帰りの滝は、知る人ぞ知る密やかな名勝である。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




九酔渓 Kyuusui-kei Kyusui Ravine

Jp En

 九酔渓は大分県玖珠郡九重町にある景勝地である。
 玖珠川と鳴子川の合流地点にあり、飯田高原の落差を利用して流れ落ちる。高低差は約200mに上るV字谷で、斜面一面をモミ、ツガ、カエデなどの落葉樹が覆い尽くす。
 九州地方有数の紅葉の名所としても知られるほか、滝が多いことでも有名である。中でも震動の滝は日本の滝100選にも選定された名瀑である。
 広義ではこの一帯を鳴子渓谷と呼び、その中の一つとして扱われることもある。飯田高原も含め、一帯は阿蘇くじゅう国立公園に含まれるため観光客が多いが、通称「十三曲がり」と呼ばれるほど曲折した道路が多いため、シーズンでの渋滞は避けられない。
 九酔渓には、他にも天狗滝や断崖絶壁があり、まさに絶景の地であるといえる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します