NIPPON Kichi - 日本吉

記事数18件: 1~8 件表示     >>     >|  

2008/6/30


神岡城 Kamioka-jou 

Jp

 神岡城(かみおかじょう)は、岐阜県飛騨市神岡町城ケ丘にあった城である。
 永禄七(1564)年、越中への侵攻拠点とする事を目的に、武田信玄の命令で江馬時盛(えまときもり)が築城し、高原諏訪城の支城となった。
 天正一三(1585)年、金森長近による飛騨攻略の結果、その家臣・山田小十郎が城代となったが、元和元(1615)年に江戸幕府の一国一城令で破却され、廃城となった。
 元々は江馬館、東町城などと言われ、江戸時代に書かれた「飛州志」には江馬之御館と書かれていたが、昭和四五(1670)年、城跡に模擬天守を造った時に、神岡城という名前になった。
 現在、城跡には再現された天守閣や残された遺構である壕や石塁などがあり、内部では実際に使用された鎧、刀剣、馬具などが一般公開されている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




越中 安田城 Eccyu Yasuda-jou 

Jp

 安田城(やすだじょう)は富山県富山市にある城址である。
 近隣の井田川の水を引き入れた広い堀が巡らされ、水堀に浮かぶ浮城のようである。本丸、二の丸、右郭で構成された戦国時代の平城で、城の建物は今はないが、発掘調査を経てその外形は現在も良い状態で残されている。
 安田城が創建された年は不明であるが、天正元年(1573)年の資料にはすでに存在している。
 天正一三(1585)年、豊臣秀吉が富山城主佐々成政を征伐した際、秀吉側の前田利家の家臣がこの城で陣を取った。これを機会にのちに前田利家やその家臣が居城としたが、一国一城令が発令される頃に廃城となった。
 昭和五六(1981)年に国指定史跡となっている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/6/25


佐敷城 Sashiki-jou 

Jp

 佐敷城(さしきじょう)は熊本県葦北郡の標高85メートルの丘に建てられていた山城である。
 南北朝時代、薩摩の名門篠原氏一族の佐敷氏による築城と伝えられている。後の天正九(1576)年にはこの地を攻略した島津義久の配下となったが、天正一五(1582)年には加藤清正の領地となり加藤重次が城主となった。しかし、江戸時代の元和元(1615)年の幕府の一国一城令により廃城。その後も佐敷城跡は要所として佐敷番代が置かれていた。
 現在城跡である山頂部分はきれいに整備され、当時のままの石垣が復元されている。山頂からは360度、パノラマ風に周囲の風景を見渡すことが出来る絶景の地でもある。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します




川島城(蜂須賀城) Kawashima-jou(Hachisuga-jou) 

Jp

 川島城(かわしまじょう)は徳島県吉野川市を流れる吉野川に突き出た岩の鼻と呼ばれる絶壁に築かれた城である。要害堅固な城として有名であった。
 室町末期、領主の細川氏を凌ぐ勢いであった三好氏の家臣、川島兵衛之進が築いたために川島城と名づけられた。
 天正一三(1585)年、豊臣秀吉に阿波の国を与えられた蜂須賀家政は、阿波の国の防御として家老の林能勝を城主とし、警護に当たらせた。そのため蜂須賀城とも言われている。その後、江戸時代になり元和元(1615)年には、一国一城令が定められ、川島城は廃城となった。
 現在、川島城跡には川島万葉植物園が建てられている。また、本丸跡である岩の鼻には展望台が設けられ、二の丸跡には川島神社が建立されている。その東側には観光用に三層から成る模擬天守閣がそびえている。
 岩の鼻の展望台から吉野川を眺めると、その断崖の高さに驚かされ、この城がいかに堅固な城であったかを教えてくれる。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/22


高取城(芙蓉城) Takatori-jou(Fuyou-jou) 

Jp

 奈良県の高取城(たかとりじょう)は、元弘二(1332)年と歴史が古く越智邦澄が高取山に築城させたものが始まりとされる。
 「巽高取雪かと見れば雪でござらぬ土佐の城」と謳われている様に、城壁の白亜の見事さから別名「芙蓉城(ふようじょう)」ともいわれた。
 豊臣秀次が大和国の郡山城に入ったのち、高取城は秀長の重臣本多利久に与えられた。利久によって近世城郭としての高取城が築かれていき、難攻不落といわれる山城の典型となっていった。「備中松山城」「岩村城」と共に日本三大山城の一つに数えられる。元和元(1615)年の一国一城令の際も、重要な山城として破却を免れ、現在に至るまで石垣や石塁が残されている。
 江戸時代に入ると、寛永一四(1657)年に三代続いた本多氏が断絶し、寛永一七(1640)年に植村氏が入封、そして明治維新を迎えた。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します



2008/5/14


高岡城 Takaoka-jou 

Jp

 広大な堀を持つ城として有名な高岡城(たかおかじょう)は、加賀藩二代目藩主の前田利長の隠居城として慶長一四(1609)年に築かれた。城の設計にはキリシタン大名として有名な高山右近が関わっている。
 利長はその五年後に病気で亡くなったため、未完成のまま一国一城令が出された元和元(1615)年を迎え、廃城となった。その後は加賀藩の蔵として利用され、人々の立ち入りは禁止されたという。
 面積の約三割が堀になっていて、掘り出された土は土塁として利用されており、今も随所に石垣などと共に残されている。
 明治八(1875)年に高岡古城公園として開放されて以来、珍しい水濠公園として、また四季を通して古城の趣を満喫できるため、憩いの場として市民に親しまれている。
[+ADDRESS] この記事をお気に入りに、追加します